風営法と行政書士

風営法とスナック|絶対に知っておくべき風俗営業許可のポイント

【当事務所がスナックの許可を取得します】

スナックは風営法の専門家の中でも意見は分かれていて、風俗営業1号とするべきという意見と深夜酒類提供飲食店でいいという意見がある。

しかし、この論点はややピンボケしているといっていいだろう。

なぜならスナックというくくりで決めるのではなくて、結局は営業の実態でしか判断できないからだ。

「スナックには風俗営業許可が必要なんですか?」という質問があるが、これさえ読めば完全に理解できるだろう。

 

スナックと風営法とは?

おそらくあなたはスナックの経営者かママさんかキャストさんだろう。あるいはそのお客さんかもしれない。

そして「スナックは風営法上どのような立ち位置なのだろうか」と不安に思っていろいろ調べているのだろう。

あなたの思惑はその通りで、スナックは風営法上あいまいな存在だ。なぜだろうか?

それは接待行為の範囲がまさにグレーゾーンの真っ只中にあるからだ。

一般的にはスナックはカウンター越しにママさんやキャストさんがいて、カラオケを楽しんだりおしゃべりをしたりといったサービスのお店を指すことが多い。

まずはこれらが接待行為に該当するのかしないのかを知っておいて損はない。

また、本当はあなたのお店は風俗営業1号営業なのか、深夜営業の許可でいいのかを自分で判断できれば余計な心配はしなくて済むだろう。

 

・カラオケと風営法については、しっかりとおさえる必要がある。できれば

【風営法とカラオケ】飲食店に置くときにおさえておきたいポイント

をしっかり読み込んで理解しておこう。

 

 

あなたのスナックは、どのようなサービス?

カウンターのみでカウンター越しの接客、カラオケはなし

たとえばカウンターだけのお店の造りで接客は会話はしっかりするけどカラオケはおいていない、という場合はほぼ間違いなく深夜酒類提供飲食店の許可(正式には届け出)でいいだろう。

ただ、例えば水着バーのように女性キャストさんが水着で男性客がスケベ心で来店するような場合はダメだ。

いわゆるスケベ心の歓楽的雰囲気が丸出しだし、風俗環境の視点から1号許可を取ってくれといわれることもあると思う。

一般的にママさん一人や、多くても二人でやっているようなスナックで、多少会話は話し込むことはあるけどカウンター越しでスキンシップもない、というのであれば堂々と「接待行為はしていない」といえばいいだろう。

この場合はいわゆるカウンターバーとも何ら違いはない。仮にカウンター内が女性だからという理由で指導されたのであれば差別もいいところだろう。

 canvas

ずいぶん前の話なのだが、以前「深夜酒類提供飲食店で、カウンター越しなのに接待行為で指導を受けた」という相談があった。

おかしいなあと思ってお店に確認に行ったらカウンターの内側の床が盛り上がっていて、キャストはミニスカートで接客していた。

つまりお客はキャストのパン〇ラを見ながらお酒を飲むのだ。これではさすがにいくらなんだって明らかに違反営業だ。

もしあなたが「カウンター越しなら大丈夫だろう」というところだけをフォーカスして都合のいい解釈をすれば、こういうことを考えることもあるかもしれない。

このサイトでは繰り返し「男は誰でもスケベのトップアスリートだ」と説明しているが、これもまさにアスリートさながらの事案だった。

 

 

カウンターだけだけど、カラオケがある場合

この場合は店の従業員が客とデュエットしているかどうかが分かれ目となる。

デュエットをするのは接待行為といって立派な風俗営業になる。

そのためもしあなたのスナックがカラオケを置いているのであれば、客と従業員のデュエットには気を使ってほしい。

デュエットをするかしないかの差は風営法では天と地ほどの差もあるということを肝に銘じてほしいのだ。

さらに、風営法用語で”ほめはやし”といって、お客が歌っていたり歌い終わった後に従業員がお客を持ち上げてキャーキャーいうとこれも接待行為に該当してしまう。

 

そのどれもしていない場合はカラオケを設置していても

デュエットや誉めはやしをしていないのであれば、堂々と”接待行為はしていない”と主張しよう。

 

ただ、実際にカラオケスナックであれば、男性客は女性キャストにデュエットをせがむこともあるだろうし、その場合にむげに断るのは気が引けるだろう。さらにお客が歌い終わった後にしーんとしていたりすれば接客が悪いとされてしまうかもしれない。
これがカラオケスナックの難しいところだろう。

 

カウンターメインだけど、ソファー席やボックス席もある場合

この場合は従業員と客が一緒に座って飲んでいるかどうかが分かれ目となる。

お客と一緒に座って一緒に飲むのは接待行為のなかでも談笑といって、立派な風俗営業になるからだ。

そのためもしあなたが風俗営業許可を取っていないで、キャストが一緒に座って飲む、というシステムが定着しているのであれば、そのシステムは早い段階で改めたほうがいい。

都心部では、警察は風俗ビルや繁華街は3か月に一度は見回りをしていて、法律違反がないかをチェックしている。

一度でも法律違反があった場合はそのあとに何度も取り締まりを受ける羽目になるのでお店のシステムそのものが法律違反なのであれば、警察の指導を受けるのは時間の問題だろう。

この場合、警察の指導が入った段階ですでに裏を取られていることがほとんどだ(いわゆる内偵)。

深夜営業のままで行きたいのであれば営業スタイルを変えることも必要だし、それがいやであれば風俗営業1号許可を取ったほうがいいだろう。

 

ソファー席やボックス席がメインの場合

いわゆるラウンジ営業だ。

私が携わる中でもこのようなお店が深夜営業の許可で行こうとすると、たいてい担当官に「これって接待しないですよね?」と念押しをされる。

もちろん依頼人も最初は接待しない(一緒に座らない)と決まって言う。

しかしたいていは

男性客はキャストと一緒に飲みたがる→売り上げアップを考えるとどうしてもなあなあになってしまう→いつの間にか一緒に座って談笑し、カラオケをデュエットするようになってしまう

がおきまりのパターンだ。

このような場合、あなたのスナックが閑古鳥が鳴いていれば、警察も廃業するのは時間の問題だと思ってほっておくかもしれないが、流行ってくるとほかの店舗への見せしめではやっているお店から取り締まりが入ることが多い。

このパターンは思い切って風俗営業許可を取ったほうが安心して営業できるだろう。

ただ、風俗営業許可は申請してから2か月間は審査期間なので通常は営業を自粛しないといけない。

苦しい決断を迫るようだが、風営法は、そういうシステムになっているのだ。

ウェブアートディレクター

 

 

まとめ

いかがだろうか?あなたのお店はどのパターンだろうか。

スナックは、一般的には深夜酒類提供飲食店の許可で営業することが多いが、サービスの形態によっては風俗営業1号許可のほうがいいことも多い。特にラウンジ営業の場合は違法性を指摘される確率は高いだろう。

 

悩ましいのが、深夜酒類提供飲食店でオープンし、流行ってきてから警察に接待行為の指摘を受ける場合だ。

市道を受けてから風俗営業許可の申請をした場合、許可が下りるまでの期間は営業できないため(固定費の発生や失客など)致命傷になることも多い。

そのため最初にお店の接客スタイルと構造をよく考察し、入念に手続きを決断しよう。

 

あなたが責任者であれば、これを機会にしっかり理解してほしい。

↓いいね!をお願いします↓

深夜営業・風俗営業許可のご依頼は
行政書士 前場亮事務所へ。
03‐6679‐2278
(10:00~20:00)
もしくはメールから24時間
関東全域対応。
すぐにお店を訪問します。
深夜営業 68000円~(税抜き)
風俗営業許可 140000円~(税抜き)
バー・スナック・キャバクラ
ガールズバー・メイドカフェ・
アミューズメントカジノ
麻雀店・居酒屋
などのあらゆる業務に対応します。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号

ご依頼・ご相談

LINEで送る