行政書士 前場亮の業務ブログ

神田での風俗営業許可|神田警察署は地味な印象か?

kanda1

神田のクライアントから依頼がありまして風俗営業許可申請をすることになりました。

例によって最初にクライアントに会う前に街を練り歩きます。神田は繁華街というかサラリーマンの憩いの場になっていて、安い居酒屋が軒を連ねる中、もちろんキャバクラやスナックなどのナイトビジネスもたくさんあります。

風俗営業許可専門の行政書士としては歌舞伎町とか池袋とかのわかりやすい風俗街からの依頼も多いのですが、神田とか湯島からもおおく、これらの地域はなんというかビジネス街と繁華街がモザイク状になっていて事前のイメージはしづらいですね。

 

神田の所轄警察署

honnsyoimage神田はいわゆるアキバ系の外神田は万世橋警察署なのですが、神田駅の周りの内神田などは神田警察署が所轄です。

 

万世橋警察署はメイド喫茶とかの許可で散々お邪魔していますし、窓口はおそらく僕のことを”メイド喫茶専門行政書士”だと思っていると思うのですが、それに比べると神田署はあまり行ったことがありません。

 

神田駅の周辺はいったい全部が商業地域という風俗営業者には天国のような地域なのですが、神田署はそれに比べると地味な印象があります。

神田警察署

今日は簡単な打ち合わせのみで、このあとに保健所の申請に入ります。

 

 

↓いいね!をお願いします↓

深夜営業・風俗営業許可のご依頼は
行政書士 前場亮事務所へ。
03‐6679‐2278
(10:00~20:00)
もしくはメールから24時間
関東全域対応。
すぐにお店を訪問します。
深夜営業 68000円~(税抜き)
風俗営業許可 140000円~(税抜き)
バー・スナック・キャバクラ
ガールズバー・メイドカフェ・
アミューズメントカジノ
麻雀店・居酒屋
などのあらゆる業務に対応します。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号

ご依頼・ご相談

LINEで送る