風営法と行政書士

【客引きと風営法】キャバクラ・ガールズバーで逮捕されないために!

wpid-Featured_Picture38-620x422

 

キャバクラやガールズバー、ホストクラブの集客で悩むお店は多いだろう。

新規開店の場合は固定客も多くはないだろうし、一円でも売り上げがほしいのが本音だ。

そんな時に、普通であればインターネット集客や専門誌などの各種の広告で集客をすることを考えると思うが、それでもお店がひまであれば「外に出て客を引っ張ってこい!」と言いたくもなるのが人情だと思う。

しかし、客引き行為は風営法上禁止されているし、見つかれば現行犯逮捕の可能性もある厳しい規制だ。

ここでは客引き行為の線引きと実際の判断基準をわかりやすく、かつ完璧に紹介したいと思う。

店長さんや内勤さんはもちろん、できればキャストさんにも理解してほしいので、しっかりと読み込んでほしい。

 

客引き行為の全体像

そもそも「客引き」とは?

canvas

では、ここで 「そもそも客引きとは何なのか」というところを出発点に検討してみようと思う。

客引きは風営法の条文ではっきりと禁止されている行為なのだ。以下の条文を読んでほしい。

第二十二条  風俗営業を営む者は、次に掲げる行為をしてはならない。

 当該営業に関し客引きをすること。

 当該営業に関し客引きをするため、道路その他公共の場所で、人の身辺に立ちふさがり、又はつきまとうこと。

風営法では、22条で客引きと、つきまとい・立ちふさがりを禁止している。

ではなぜわざわざ1と2で2つに分けて禁止しているのだろうか?

客引きの法律的要件

22条の1で禁止しているのは客引きそのものだ。

ここでいう客引きは、相手方を特定して営業所の客となるように勧誘することをいう。

そのためあなたのお店を特定しなければ客引きには該当しない。

わかりづらいところなのだが、たとえば「こんにちは~」と近づいても、「お時間いかがですかー」と言ってもこの段階では客引きではない。

この程度で規制するといくらなんだって自由を奪いすぎだということだろう。

しかし、ひとたび「そこのAっていうお店なんですけど」といえばその段階で客引きだ。

アイコン NG気を付けてほしいのは、ここで客引きの線引を覚えてギリギリのところでやっていても、最終的にお店に引っ張るのであればやはり客引きになるのだ。警察は私服で繁華街をうろうろし、最終的にお店の名前を出したところで現行犯逮捕することも多い。

あなたにはそんなことにはなってほしくない。線引を覚えてもワル知恵は働かせないほうが賢明だろう。

つきまとい・立ちふさがりとは?

では、客引きに該当しない場合であれば何でもやっていいかといえばそうではない。

一つのところにとどまって声掛けをする程度であればいいかもしれないが、客に話しかけながら横についたり、客の前に回り込めばお店の名前を限定しなくても22条2項違反となる。

最近は周知徹底されてきたため、繁華街でもここまで露骨なことは減ったが、知識がないと何でもやっちゃえということにもなりかねない。

しっかり理解しよう。

 

客引きでの違反は、居酒屋も風営法違反?

canvas

以外かもしれないが、実は客引きは何もキャバクラやホストクラブだけの違反項目ではなく、バーや居酒屋でも客引きをすれば条件次第で風営法違反になる。

最近話題に上ったぼったくり居酒屋もそうだが、これらのお店は何とかしてお客をお店にひっぱり、違法すれすれの高額な請求をするものだ。

これらが客引きをすれば風営法違反となる。居酒屋の店長さんであればしっかりと理解しよう。

居酒屋は風営法上の深夜酒類提供飲食店と呼ばれる区分の業態なのだ。忘れないようにしよう。

まとめ

いかがだろう?「うちのお店も客引きやっていたんだ・・・」と冷や汗をかく人も多いと思う。

脅すようかもしれないが、その場合はいつ逮捕されてもおかしくないのが実情だ。

 

誤解してほしくないのが、私はこの記事で「外回りの営業はやめろ」といいたいわけではない。

いざ開業したとなれば、営業活動はできるだけしっかりやったほうがいいというスタンスだ。

そのうえで、まずは客引きとはなにかを知ったうえで、あなたのお店なりの営業方法をすることが長くお店を続けるポイントなのではないだろうか?

143

それからこれは経験上の話だが、客引きに一生懸命なお店は、実は長く続かないことが多いのが現状だ。

客引きに頼るとどうしてもお店のサービスそのものに注目が行きづらくなり、結果的にリピーター獲得までに至らないことになりやすい。

仮にあなたのお店が現在客引きをやっていたとしても、一番注力するべきなのはサービスの質だろう。

サービスの質で集客できれば、客引きは必要ない。

「そんなこと言っても、まずはお客に来てもらわないといけない」という気持ちももっともだし、それであれば私はやめろとは言わない。

耳が痛いかもしれないが最終的に責任を背負うのは私ではなくてあなたのお店なのだからだ。

突き放すように聞こえるかもしれないが、お店を経営するということは、それだけ責任が伴うのだ。

↓いいね!をお願いします↓

深夜営業・風俗営業許可のご依頼は
行政書士 前場亮事務所へ。
03‐6679‐2278
(10:00~20:00)
もしくはメールから24時間
関東全域対応。
すぐにお店を訪問します。
深夜営業 68000円~(税抜き)
風俗営業許可 140000円~(税抜き)
バー・スナック・キャバクラ
ガールズバー・メイドカフェ・
アミューズメントカジノ
麻雀店・居酒屋
などのあらゆる業務に対応します。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号

ご依頼・ご相談

LINEで送る