風営法の知識

風俗営業許可の変更届は行政書士前場亮事務所へ!

忘れていませんか?変更届は重要です!

風俗営業許可や深夜酒類提供飲食店、デリヘルなどの性風俗は、警察署に提出した書類と変更が発生した場合は速やかに警察署に変更届けを提出しなければなりません。

わすれていると、最大30万円の罰金の規定と、営業停止などの重い行政処分が下されることもあります。気を付けてください。

 

パターン1 代表者・役員の変更

会社で申請する場合は代表者や監査役以上の役員に変更があった場合はその都度変更届けを出さなければなりません。大きな会社になれば役員の変更はしょっちゅうあると思いますが、面倒かもしれませんが忘れずに届け出てください。

 

パターン2 会社の名称・住所変更

会社で運営する場合は、例えばその会社の名称や住所に変更があった場合もその都度届けなければなりません。細かいかもしれませんが、実は役員の住所に変更があった場合も変更届けを出さなければならないのです。

 

パターン3 店舗の名称の変更

たとえばキャバクラであればAという店名からBという店名に変更する場合も変更届けを出さなければいけません。よく勘違いされていますが店名の変更は名義変更ではなくて名称変更です。それに対して営業者が変更する場合は名義変更といって、許可のとり直しとなります。

 

パターン4 管理者の変更

変更届けで最も多いパターンは管理者の変更です。管理者とは店長の事ですが、風俗営業許可の申請のときに申請人と合わせて管理者を記載することになっていますし、許可証とは別に管理者証というものが発行されますので、それだけ警察も管理者を重要な存在にとらえています。

 

面倒な管理者の変更は行政書士前場亮事務所へ

当事務所は、東京都港区西麻布にあり、風俗営業許可の申請をメインに年間300件以上のご相談を承る風営法専門事務所です、

面倒な各種変更届けは是非当事務所にお任せください。

代表者の変更 19800円
管理者の変更 19800円
役員の変更 19800円
店舗の名称の変更 19800円
会社の住所・役員などの住所の変更 19800円

*料金は税抜きです。

住民票やそのほかの書類は一部2000円頂戴いたしますが、お客様のほうでそろえる場合は無料です。

 

電話申し込み

↓いいね!をお願いします↓

深夜営業・風俗営業許可のご依頼は
行政書士 前場亮事務所へ。
03‐6679‐2278
(10:00~20:00)
もしくはメールから24時間
関東全域対応。
すぐにお店を訪問します。
深夜営業 68000円~(税抜き)
風俗営業許可 140000円~(税抜き)
バー・スナック・キャバクラ
ガールズバー・メイドカフェ・
アミューズメントカジノ
麻雀店・居酒屋
などのあらゆる業務に対応します。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号

ご依頼・ご相談

LINEで送る