風営法・風俗営業許可・深夜営業の相談・フォーラム

フォーラムページ
風営法、飲食店に関するご質問やご相談は、↓の”投稿する”から無料でご相談いただけます。
オーナーさん、店長さんはもちろん、スタッフさんやキャストさんからのご相談も多数いただいています。
内容は必ず代表の前場亮が確認しています。
なお、フォーラムの品質保持のため、できればお答えした件に関してはお礼をしてくださいますようお願いします。

業務のご相談、ご依頼はトップページ下のフォームからお願いいたします。

質問・投稿する

 
 
 
 
キャバクラ・スナック・ガールズバーなどの風営法に関する質問やつぶやきを投稿できます。
回答があった場合、お礼をしてくださいますようお願いします。
みう みう さんの投稿 at 8:52 AM:
キャバクラの体験入店をしたお店が、20時から5時までの営業とのことでした。 これは風営法違反になりますよね? お客が入るのが12時以降が多いとのこのでした。
管理人の投稿: 前場亮
みうさん そのお店がキャバクラ、とのことでしたが、風営法上キャバクラという言葉はありませんので、そのうえで検討します。仮にお客の横について談笑したり、カラオケのデュエットやスキンシップがある場合は、風俗営業に該当し、そうなると営業時間は深夜0時もしくは深夜1時までになります。ご相談を拝見すると、このパターンに該当しそうなので、そうなると朝まで営業というのは法律上はできないことになります。就職につきましては慎重にご検討ください。
ちゃま ちゃま さんの投稿 at 12:15 AM:
最近、完全個室鍵付きのネットカフェが広がりつつあります。風営法の規制回避(深夜0時以降も営業するため)のため、今までのネットカフェは上部が開放された扉で仕切られた"ブース"が基本だったのですが、完全個室のネットカフェは風営法の規制上問題ないのでしょうか。
管理人の投稿: 前場亮
ちゃまさん ネットカフェについては様々議論があります。最終的には保健所の判断になりますが、そのうえで回答しますと、ほとんどのネットカフェは調理行為をお客が自分で行うため、飲食店ではないという理屈で営業しているところが多いようです。(その理屈から)飲食店ではないということですと、風営法の規制がそもそもありませんので(区画面積も照度も飲食店への規制です)、そこが抜け道なのでしょう。詳しくはそのお店の考えによりますので、ここでは私の推測を参考までにしていただければと思います。明確な回答を避ける形になってしまい、ご期待に沿えず申し訳ございません。
KM KM さんの投稿 at 8:14 AM:
丁寧にご回答ありがとうございます。 私達スタッフはお客様の隣に座ることは基本ありませんが、イベント等で邪魔になると判断した時はお客様の隣に座らせて頂くことがあります。(イベントもダンスやアブノーマルなショーです) またオーナーは基本お客様の隣に座られることが多いです。 私達もお客様とデュエットやお客様にカラオケを勧めたりするよう指導を受けていたのですが、先日無許可で店があるビルの前でビラ配りとサンプリングをしたと聞き少し怖くなっています。 スタッフに被害がなければ何よりなのですが、もし風営法違反だとして警察が来ないか(子持ちのスタッフさんもいます)怯えてます。
管理人の投稿: 前場亮
KMさん 最終的にはそのお店を見てみないと、断定的なことはやはり申し上げられません。無許可営業であれば、遅かれ早かれ警察の指導は入りますが、必ず入るものでもありませんし、逆に驚くほど早いタイミングで摘発されることもあります。これは行政書士としてのアドバイスとは若干ずれてしまいますが、そのお店で働くことによって、法的なリスクがあると承知のうえで勤務されているのであれば、最終的にはKMさんの判断次第ということになってしまいます。心配であればほかを探すほうがいいかもしれませんし、働くメリットのほうが大きくて移動できないのであればリスクは付きまとうことになってしまいます。働くことそのものが怖いのであれば、ほかを探すのも一つの手段かもしれません。慎重にご検討ください。
KM KM さんの投稿 at 11:13 PM:
ダイニングバーという名称ですが、読ませて頂いた限り接待行為をする店で働いてます。 オーナーもラウンジ経営経験あり、風営法に対して知らないはずはないのですが… 卓上で粉物を焼いて、お客さんと談笑、0時以降の酒類提供(ボトルかボトルじゃないかで目の前で作るかどうかは分かれます)、カラオケを歌ってもらったり歌わされたりしてますが、風営法に関する届出をしていないと思うのですが、ダイニングバーの形式をこれは超えてしまってる気がして不安です。 これって風営法違反で間違いないですよね?
管理人の投稿: 前場亮
KMさん 正直な感想を言えば、このご相談だけで風営法のお店かどうかを判断することはできません。風営法のお店にもいろいろありますので、そのどれに該当するかが判断できないのです。そのうえで申し上げると、①お客と一緒に座って話す②お客と一緒にカラオケのデュエットをする③ドレスなどの着用をする のであれば風営法のお店に該当する可能性は高いと思います(あくまでも可能性の範囲です)。もっとも、だからといって即、違反営業で、危険なお店なんだと判断するのはお店にも失礼になるかもしれません。慎重にご検討ください。
M M さんの投稿 at 3:10 PM:
従業員名簿に添付する書類で、学生で住民票を移さない場合、本籍地記載の住民票と、現在地を記載した理由書を添えれば可能でしょうか
管理人の投稿: 前場亮
Mさん 従業員名簿はその人が風営法上雇用するのに適しているのかを確認することがその目的になります。そのため学生さんで住民票を移していない場合でも、その理由が正当なものであれば移していない住民票を添付するしかありません。また、理由書も必要かとは思いますが、同様に顔写真付きの身分証明証が必要です。この場合は学生証などが適切かと思われます。