風俗営業許可、深夜営業許可でお困りではありませんか? 風営法専門の行政書士である前場亮がお店を訪問し、その場で測量をし、最短で警察署の手続きを完了させます。
業務地域は東京都を中心に関東全域を対応しています。
深夜営業許可で68000円(税抜き)
(バー、カフェ、居酒屋、スナックなど)
風俗営業許可で140000円(税抜き)
(キャバクラ、クラブ、スナックなど)
から承っています。
特に東京都に関しては年間100件以上の手続きをすることでほぼすべての地域に経験があり、各警察署・浄化協会(公安)のクセや傾向も熟知しています。

 

皆さんこんにちは。行政書士の前場亮です。
風営法関連の許可取得は得意で、開業以来多数のご依頼をいただいています。
多いのは20坪程度の小さな店舗です。
バー、スナック、キャバクラ、居酒屋など、
メイドカフェやアミューズメントカジノ、
性風俗もご依頼が多いです。
風俗営業許可、深夜営業はスピードと正確さが求められます。
ご連絡いただければすぐに私がお店に伺います。
どうぞよろしくお願いいたします。

業務内容

深夜営業の許可

バーや居酒屋、カフェなどの場合でも、深夜にお酒をメインに提供する場合は保健所の許可に加えて警察署の”深夜酒類提供飲食店”の手続きが必要になります。

風俗営業許可1号

キャバクラやスナック、ホストクラブなどの接待行為を伴う飲食店は警察署の風俗営業許可1号が必要になります。多数の許可申請をするので、経験が蓄積されています。

飲食店営業許可,風営法全般

保健所の飲食店営業許可の取得も得意です。アミューズメントカジノ、マージャン店、デリヘルなども多数実績があります。

先に進む

取扱業務のご紹介(ほとんどは基本料金のみです)

当事務所の特徴

スマホ、PCから簡単申し込み

当事務所は東京都港区赤坂にありますが、ご依頼はあなたが今手に取っているスマホ、もしくはPCからいつでもお申込みいただけます。

スピード重視の営業内容

ご連絡をいただければ早ければ即日にお店をお伺いします。その場で測量をし、図面を作成し、平均して3営業日以内に申請が可能です。

圧倒的な経験と実績

このサイトはあらゆる風営法のキーワードで常に上位を独占しています。実績に裏付けされた安定した手続きができ、許可取得後も気軽に相談できます。

ここまでのご説明はいかがでしたか?

 当事務所の業務内容は、あなたのご希望に合いましたか?
では、次に進みましょう。

事務所代表のご紹介をします。

利用しやすい料金設定です。

このサイトは、行政書士前場亮事務所の許可取得サービスですが、同時に風営法関連の様々な情報を発信するサイトとして多くのユーザー様にご利用されています。 「許可取得は必要ないけど、風営法の知識が欲しい」という方は、↓の業務別の記事をお読みいただくことをお勧めします。 風営法に関するご質問・ご相談はフォーラムページからどうぞ→

圧倒的な経験値

風営法関連の業務は、あらゆる行政手続きの中でも難易度が高くて有名です。
その理由は、風営法自体があいまいで分かりにくいところと、
提出する図面に高い完成度が求められるところにあります。
当事務所は代表がワンストップで申請書を作成することができるので、
早く、正確に手続きを完了させることが可能です。

事務所代表のスタンス

私は決して身ぎれいな人間ではありません。
世の中の闇や不合理さも見てきた方だと思います。
行政書士は先生と呼ばれる立場ですが、
正論を振りかざしたり、
実態にそぐわないアドバイスをすることはありません。

  • 仕事は早く、かつ、正確です。
  • 法律に反することを推奨することはしません。
  • ナイトビジネスの本質を理解しています。
  • ドロップアウト具合は業界トップクラスです。

ドロップアウト具合の比較

A先生
25%
B先生
30%
C先生
45%
当事務所代表
99%

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

 

ここまではいかがでしたか?次に、料金のご説明をします。

許認可は必要ないので 風営法の知識が欲しい

料金のご説明

実際の料金は変動する可能性がありますが、ほとんど場合はこの金額になります。

役所の手数料は、
保健所:18000円
風俗営業許可:24000円です。

深夜営業、風俗営業許可以外の業務は別途ご相談ください。

料金は全て事前に提示します。
後から余計な追加料金がかかることは絶対にありません。

(すべての料金は税込み・総額です。役所の手数料を含んでいます。)

風俗営業許可 1号営業(20坪まで)保健所を含む 200,000円~(役所の手数料込)
深夜酒類提供飲食店営業(20坪まで) 74,000円~(警察署のみ)
深夜酒類提供飲食店営業(20坪まで)保健所を含む 110,000円~(役所の手数料込)
20坪以上の場合 1坪3000円(応相談)
アミューズメントカジノ・カジノバー 240,000円~
性風俗の許可(デリヘル) 74000円~
飲食店営業許可のみ 69000円~
麻雀店の許可 120000円~
消防署の手続き 25000円~
バー・居酒屋開業の創業融資・公的資金調達 獲得金額の4%

各種の料金は役所の手数料
(保健所18000円、警察署24000円(1号・3号・5号など)、
3400円(無店舗型性風俗特殊営業)を含んでいます。

 

 

業務地域と交通費のご説明

東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県を中心にご依頼を承っております。
遠いところでは新潟県、大阪府での実績もございます。

・東京都23区内につきましては交通費は無料となっております。

・それ以外の東京都の地域は3000円~5000円程度の交通費をいただいております。

・千葉県、埼玉県、神奈川県は3000円~1万円程度で業務内容に応じてご相談させていただいております。
 

交通費に関しては、
最低でも深夜酒類提供飲食店で3回、
1号社交飲食店では6回は往復することになりますのでどうしてもこの程度は発生してしまいます。
なにとぞご理解を賜りますようお願いいたします。
当事務所の料金は、必ずしも「最安値!」ではないかもしれませんが、これは私たちのサービスがそれ以上の価値を持つと自信を持って言える料金です。
申請書の完成度が高いためほとんど場合、手続きが非常にスムーズです。
申請がスムーズであれば、警察署からのイメージがよく、そのため立ち入りの可能性は下がります。
また、単純な許可取得だけではなく、営業開始後の法的安全性にもかならずお役に立ちます。

求めてくださるお客様がいる限り、プライドと自信をもって取り組んでいます。

深夜営業許可の料金の比較(円)

当事務所
74000
総合事務所B
140000
大先生のC事務所
116000
大手A事務所
162000

得意な分野

風営法関連はほとんどすべての業務を経験しています。
ガールズバー、メイドカフェ、スナックなどの深夜営業、
キャバクラ、ホストクラブなどの風俗営業許可
アミューズメントカジノや性風俗も依頼が多いです。

  • 業務エリアは関東全域です。
  • 多くのご依頼は東京23区内です。
  • 神奈川県、千葉県、埼玉県からのご依頼も多いです。
  • 遠方では大阪府、新潟県のご依頼をいただいたことがあります。

業務内容の割合はだいたい以下の通りです。

深夜酒類提供飲食店
100%
風俗営業許可1号
80%
カジノ・麻雀
50%
デリヘル
50%

ここまでのご説明で、ご不明点はありませんか?

 ホームページを見てわからないところは、
是非お気軽にお電話でご相談ください。

事務所の概要を説明します。

もう一度料金を確認したい。

当事務所のクライアント様は、
初めてナイトビジネスに参入する方から
長く営業を続けている方まで様々です。
たくさんの依頼を受けた中での事実として、
「長く続くお店ほど風営法を守っている」
ということがあげられます。
逆に、
「ほかのお店も守っていないんだから大丈夫」
「注意を受けたら直せばいい」
「最初から風営法なんて守る気がない」
こういう気構えの営業者さんは、
残念ながら早々と撤退することが多い気がします。
当事務所にご依頼いただいたお客様には、
気軽に質問をいただけるように様々な努力をしています。
開業後の安心のためにも、
風営法にたけた事務所を選ぶことも、
是非ご検討ください。

About us

事務所名:
行政書士 前場亮事務所
代表者:
前場亮
(東京都行政書士会 港支部所属)
住所:
107-0052 東京都港区赤坂9‐1‐7
赤坂レジデンシャル534
電話番号:
03‐6679‐2278
取扱業務:
風営法、航空法、道路法、一般民事

当事務所は、港区西麻布で開業し、2016年に赤坂に移転しました。
開業当初から順に風営法、道路法、航空法をメインに活動し、
ご紹介のお客様のみ、一般民事を承っています。
インターネットを活用し、集客に成功し、
毎日数多くのご相談、ご依頼を受けるようになりました。
検索エンジンでの上位表示(SEO)が得意で
全ての業務のほとんどのキーワードで上位表示されています。
全ての業務は必ず代表が担当しますので
クオリティは保たれ、スピードと安定感のある手続きが可能なのです。

当事務所の年間のご相談数

風営法
1000
航空法(ドローン)
1000
道路法(特殊車両通行許可)
800
一般民事
50

営業活動をしない事務所
当事務所は、営業マンもいなければ
「仕事を紹介してください」とだれかにお願いしたこともありません。
全てのお客様はあなたと同じくこのホームページを見たり、
すでに当事務所にご依頼いただいた継続のお客様、
そしてその方からのご紹介のお客様だけです。
もちろん仕事はほしいです。
しかし、現在のお客様は大変に熱心で、わたくしたちが心から応援したい人ばかりで、
これ以上を望んでいないのです。
これは、けっしてプッシュ型の営業活動を否定しているのではなく、
今困っているひとにいつでも対応できるように
準備しているとお考えいただければ幸いです。

営業活動をしない事務所
当事務所は、営業マンもいなければ
「仕事を紹介してください」
とだれかにお願いしたこともありません。
全てのお客様はあなたと同じく
このホームページを見たり、
すでに当事務所に
ご依頼いただいた継続のお客様、
そしてその方からの
ご紹介のお客様だけです。
もちろん仕事はほしいです。
しかし、現在のお客様は大変に熱心で、
わたくしたちが心から応援したい人ばかりで、
これ以上を望んでいないのです。
これは、けっしてプッシュ型の営業活動を
否定しているのではなく、
今困っているひとにいつでも対応できるように
準備しているとお考えいただければ幸いです。

ご相談、ご依頼はお電話もしくはメールで

深夜営業・風俗営業許可のご依頼は
行政書士 前場亮事務所へ。
03‐6679‐2278
(10:00~20:00)
もしくはメールから24時間
関東全域対応。
すぐにお店を訪問します。
深夜営業 68000円~(税抜き)
風俗営業許可 140000円~(税抜き)
バー・スナック・キャバクラ
ガールズバー・メイドカフェ・
アミューズメントカジノ
麻雀店・居酒屋
などのあらゆる業務に対応します。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号

ご依頼・ご相談

 

風営法の知識

風営法関連の知識で、どうしてもこれだけは押さえてほしいポイントをここでご紹介します。すでに知っている知識もあるかもしれませんが、ぜひ一度お読みくださいますようお願いいたします。

接待行為

風営法の業務のうち、最も重要なのは接待行為というキーワードです。
特にガールズバーやメイド喫茶などの関係者様はぜひご確認いただき、知識として持っておきましょう。
接待行為の記事はこちら→

営業時間

ナイトビジネスは営業時間の制限を受ける場合と受けない場合があります。
あなたのお店はどのような業態で、どのような手続きでしょうか。そこで営業時間は変わってきます。
営業時間に関する記事はこちら→

従業員名簿

営業開始後には、いずれ警察の立ち入りがあります。そして必ず確認されるのが従業員名簿です。
ここでその全体像をつかみましょう。
従業員名簿の記事はこちら→

Latest news

五反田の深夜営業・風俗営業許可の手続きで大崎警察署へ

五反田駅周辺はしっかりと繁華街が根付いているのですが、新宿や池袋、銀座などに比べると派手さがないのか、あまり知 […]

メイド喫茶・メイドカフェの許可|全体像と押さえるポイント

メイド喫茶、メイドカフェの許可手続きをできる限り詳しく、丁寧に説明しています。オーナー様、店長様は是非ご参考ください。

横浜市金沢区の深夜営業許可で金沢警察署へ

クライアント様からの依頼で横浜市金沢区の深夜営業許可(深夜酒類提供飲食店)の手続きで金沢警察署に来ました。 金 […]

風営法に関するご相談はフォーラムへ。

風営法の技術的な質問はこちらのフォーラムからお気軽にご相談いただけます。  フォーラムページはこちら→  

質問・投稿する

 
 
 
 
キャバクラ・スナック・ガールズバーなどの風営法に関する質問やつぶやきを投稿できます。
回答があった場合、お礼をしてくださいますようお願いします。
ひろ ひろ さんの投稿 at 1:48 PM:
友人がカウンター形式のスナックでキャストとして働いています。お店の取得は深夜営業許可と聞いていました。ところが顔を見にいったところ、カラオケのデュエットなど明らかな接待行為が見られ違法営業店であると感じました。もし勘違いで風俗営業を取得していても、深夜3時ころまで営業しているためどちらにしろ違法営業なのです。本人にその不安を伝えましたがお金が必要な都合もあり辞めるつもりはないらしく、それでも彼女の将来を考えると(経歴にキズがあると圧倒的に不利な業界を目指しています)、万が一摘発された場合が心配です。もしそうなった場合、お店のキャストもなんらかの処罰を受け警察に記録が残ったりするのでしょうか?
管理人の投稿: 前場亮
ひろさん このご相談のままですと、ひろさんのご指摘のとおりどこかに違法性のあるお店だということになります。そして摘発を受ける可能性はもちろんありますし、その結果ご友人に何らかの影響があることは可能性としてゼロではありません。もっとも、風営法の摘発事例で一キャストに処分事例があるのはよほどのことです。ご友人は経歴に傷がつくことが不利な業種ということで、ひろさんのご友人を心配する気持ちはごもっともかと思います。しかし、肝心の本人にやめる意思がない以上、大変に申し訳ありませんが私が言えることは何もありません。
みう みう さんの投稿 at 8:52 AM:
キャバクラの体験入店をしたお店が、20時から5時までの営業とのことでした。 これは風営法違反になりますよね? お客が入るのが12時以降が多いとのこのでした。
管理人の投稿: 前場亮
みうさん そのお店がキャバクラ、とのことでしたが、風営法上キャバクラという言葉はありませんので、そのうえで検討します。仮にお客の横について談笑したり、カラオケのデュエットやスキンシップがある場合は、風俗営業に該当し、そうなると営業時間は深夜0時もしくは深夜1時までになります。ご相談を拝見すると、このパターンに該当しそうなので、そうなると朝まで営業というのは法律上はできないことになります。就職につきましては慎重にご検討ください。
ちゃま ちゃま さんの投稿 at 12:15 AM:
最近、完全個室鍵付きのネットカフェが広がりつつあります。風営法の規制回避(深夜0時以降も営業するため)のため、今までのネットカフェは上部が開放された扉で仕切られた"ブース"が基本だったのですが、完全個室のネットカフェは風営法の規制上問題ないのでしょうか。
管理人の投稿: 前場亮
ちゃまさん ネットカフェについては様々議論があります。最終的には保健所の判断になりますが、そのうえで回答しますと、ほとんどのネットカフェは調理行為をお客が自分で行うため、飲食店ではないという理屈で営業しているところが多いようです。(その理屈から)飲食店ではないということですと、風営法の規制がそもそもありませんので(区画面積も照度も飲食店への規制です)、そこが抜け道なのでしょう。詳しくはそのお店の考えによりますので、ここでは私の推測を参考までにしていただければと思います。明確な回答を避ける形になってしまい、ご期待に沿えず申し訳ございません。
KM KM さんの投稿 at 8:14 AM:
丁寧にご回答ありがとうございます。 私達スタッフはお客様の隣に座ることは基本ありませんが、イベント等で邪魔になると判断した時はお客様の隣に座らせて頂くことがあります。(イベントもダンスやアブノーマルなショーです) またオーナーは基本お客様の隣に座られることが多いです。 私達もお客様とデュエットやお客様にカラオケを勧めたりするよう指導を受けていたのですが、先日無許可で店があるビルの前でビラ配りとサンプリングをしたと聞き少し怖くなっています。 スタッフに被害がなければ何よりなのですが、もし風営法違反だとして警察が来ないか(子持ちのスタッフさんもいます)怯えてます。
管理人の投稿: 前場亮
KMさん 最終的にはそのお店を見てみないと、断定的なことはやはり申し上げられません。無許可営業であれば、遅かれ早かれ警察の指導は入りますが、必ず入るものでもありませんし、逆に驚くほど早いタイミングで摘発されることもあります。これは行政書士としてのアドバイスとは若干ずれてしまいますが、そのお店で働くことによって、法的なリスクがあると承知のうえで勤務されているのであれば、最終的にはKMさんの判断次第ということになってしまいます。心配であればほかを探すほうがいいかもしれませんし、働くメリットのほうが大きくて移動できないのであればリスクは付きまとうことになってしまいます。働くことそのものが怖いのであれば、ほかを探すのも一つの手段かもしれません。慎重にご検討ください。
KM KM さんの投稿 at 11:13 PM:
ダイニングバーという名称ですが、読ませて頂いた限り接待行為をする店で働いてます。 オーナーもラウンジ経営経験あり、風営法に対して知らないはずはないのですが… 卓上で粉物を焼いて、お客さんと談笑、0時以降の酒類提供(ボトルかボトルじゃないかで目の前で作るかどうかは分かれます)、カラオケを歌ってもらったり歌わされたりしてますが、風営法に関する届出をしていないと思うのですが、ダイニングバーの形式をこれは超えてしまってる気がして不安です。 これって風営法違反で間違いないですよね?
管理人の投稿: 前場亮
KMさん 正直な感想を言えば、このご相談だけで風営法のお店かどうかを判断することはできません。風営法のお店にもいろいろありますので、そのどれに該当するかが判断できないのです。そのうえで申し上げると、①お客と一緒に座って話す②お客と一緒にカラオケのデュエットをする③ドレスなどの着用をする のであれば風営法のお店に該当する可能性は高いと思います(あくまでも可能性の範囲です)。もっとも、だからといって即、違反営業で、危険なお店なんだと判断するのはお店にも失礼になるかもしれません。慎重にご検討ください。