行政書士 前場亮の業務ブログ風営法と行政書士風営法の知識

【風営法】10%ルール|バーにダーツ・スロット・ゲームを置く!

wpid-Featured_Picture160-620x412

 

深夜酒類提供飲食店のバーにダーツやスロットマシンなどのアミューズメント系のゲーム機を設置しようとする場合、いろいろと注意しないといけないポイントがある。

あなたは10%ルールというものを聞いたことがあるだろうか?

通常はダーツやスロットマシンなどを飲食店に設置しようとする場合、5号許可といってゲームセンターの許可を取ってゲームセンターとして営業しないといけない。

しかしゲームに占める面積が客席面積の10%以下であれば許可は必要ないというルールだ。

今回はこの”10%ルール”というものについて完全に説明したいと思う。

 

2018年9月21日付で解釈が変更になって、デジタルダーツとシミュレーションゴルフは規制の範囲外となりました。

詳しくは

ダーツバーの許可|風俗営業5号か深夜酒類かを見極めるポイント

をご参考ください。

 

以下は2018年9月21日以前の解釈をもとに記載していますが、10%ルールそのものは現在も有効ですので適宜ご参考ください。

 

これを理解できればゲーム類に関してはあなたのバーに何を、どのように設置すればいいのかが把握できるばかりか、万が一警察署に立ち入りされた場合にも対応できるようになるだろう。

内容は最初はわかりづらいかもしれないし、読破するのは大変かもしれないが、ぜひ読み込んで肉にしてもらいたい。

 

参考資料

風営法 解釈運用基準(PDF)警察庁生活安全局長通達

 

スポーツ系は”ゲーム類”ではない?

まず、何がゲームで何がゲームでないのだろうか?

もちろんここでいうゲームとは、風営法上のことだ。

たとえば、例を挙げればダーツはゲームだがビリヤードはゲームではないということになっているが、これに関しては反論もあるだろうし、あいまいな区分わけだとも思うだろう。

ひとつの理由としてはビリヤードはスポーツで、 スポーツは健全だからゲームではない、という理論だ。

つまりビリヤードはスポーツ扱いだからゲームセンターではないということになる。

同じようなたぐいだと、ボーリングがある。

ボーリングももともとは風営法の対象となっていたが、健全な気風の高まりを待って風営法から除外された経緯がある。

 

ゲーム機に該当する具体例は?

前述のようにゲームとスポーツの区分けはあいまいではあるけど、風営法上では天と地ほどの違いがある。

ここで押さえるキーワードは

「射幸心」だ。

 

ほとんどの人はピンとこないと思うが、射幸心はいわゆるギャンブル精神のことだ。

あわよくばてきなイメージが強いものはゲーム類に該当する。

ここで具体例を挙げてみよう。

デジタルダーツ

テレビゲーム機

スロットマシン

ピンボールゲーム

バカラ台

ルーレット

シミュレーションゴルフ

旅館のおもちゃの鉄砲で景品を撃ち落とすゲーム

シューティングゲーム

 

これらはゲーム扱いとなる。

シミュレーションゴルフに関してはスポーツじゃないの?と思うと思うが風営法上はゲーム扱いだ。

スポーツとして扱いたいのならゴルフ場を経営してくれということだ。

 

ゲームに該当しないものは?

では、何がゲームに該当しないのだろうか?

笑い話に聞こえると思うが、以下に具体例を示したいと思う。

なお、以下に記したものでも実態として点数が大きく掲示され、競争心をあおるタイプのものはゲーム扱いとなってしまう。

 

ビリヤード

ドライブゲーム

飛行操縦ゲーム

機械式もぐらたたき

パンチ力測定ゲーム

占い機

 

これらがゲーム扱いでない、というのはわらい話だろう。

スポーツともいえるけど、そりゃゲームでしょという意見のほうが多いかもしれない。

私も同じ意見だ。しかし、風営法解釈運用基準には明記されているのだ。

 

もっとも、ここでは心情論としての市民感情を優先させてゲームかスポーツかの区分けがわかりづらいとの批判的なスタンスを取っていますが、取り締まる行政側からすればどこかで線引きをしないと逆にあいまいであったり恣意的な権力行使につながります。

そのためあいまいであったり、わかりづらいという判断ではありますが、線引きをすることそのものは仕方がないことであり、運営する側は必ず押さえておくべきと言えるでしょう。

 

バーにゲームを設置するには?

”もぐらたたき喫茶”は無許可でOK

では、バーにこれらのアミューズメント系のゲームを設置しようとする場合はどうすればいいのだろうか?

たとえば(真似しないでください)、深夜0時までの営業でもぐらたたき喫茶を経営すれば、もぐらたたきをいくら置こうが許可は必要ない。

モグラたたきは前述のとおりゲーム扱いではないのできにせずじゃんじゃん設置できるということになる。

 

また、仮にもぐらたたきバーだとしたら深夜酒類提供飲食店の届け出を出せばいい。

 

では、ダーツやルーレット、スロットはどうだろうか?

ここでようやく10%ルールが出てくる。

 

10%ルールの概要

ゲーム機の面積と客席面積

ここでもう一度思い出してほしい。10%ルールは客席面積の10%以下であれば許可は必要なくゲーム機を設置できるというものだ。

では、ゲーム機の占める面積とはどうやって示すのだろうか?

客席面積とはどうやって示すのだろうか?

ここを説明しよう。

 

ゲーム機の面積

まず、ゲーム機の面積は、

①ゲーム機の垂直面積の3倍

②実際に使用する面積 

の二つの計算の仕方があることを覚えてほしい。

 

①のゲーム機の垂直面積の3倍とは、たとえばスロットマシンやテレビゲームなどのそこから動かずに楽しむ類のものだ。下のようなゲーム機はこれに該当する。

テレビゲーム

②実際に使用する面積とは、ダーツであれば投げるところからダーツ機まで、実際に入り込んで操作するものはその垂直面積となる

実際に乗り込んでやるゲーム機とは↓の画像のようなものだ。

machine_1

実際にこんなゲームをバーに置くのは現実味にかけると思うが、この場合は単純に上から見た面積がゲーム機の面積だ。

 

ここで注意してもらいたいのが、うえから見た面積がうすっぺらいゲームで1.5㎡に満たないものは、1.5㎡としてあつかうので客席面積が15㎡以上ないと原則としてゲームは設置できないということになる。

 

客席面積の計算の仕方

では、どうやって客席面積を計算すればいいのだろうか?

まずは下の図を見てもらいたい。
canvasよく勘違いされているので強調したいが、一番初めに理解してもらいたいのが、基準となる面積は店舗の面積ではなくて、客席の面積だということだ。

上の図の場合は、緑の部分の調理場と白色の便所や通路は客席には含まれないのでこれを入れて計算すると基準になる面積が大きくなってしまうことになる。

あくまでも基準はピンク色の客席面積だということを覚えよう。

 

客席面積を計算する

canvas

では、上の図では客席面積はどのように計算すればいいだろうか?

ここまで説明すればわかる人がほとんどだと思うが、まずはピンク色の部分を①と②にわけ、それぞれをタテとヨコで掛け算し、合計すればいい。

こうなると算数の世界だ。

そして、赤枠のところのゲーム機の部分の3倍の面積が①と②の面積の合計の10%以下であれば問題なくゲームは設置できる。

 

それぞれの客席面積の10%以下

canvasここで注意してもらいたいのだが、考え方はそれぞれの客室の面積の10%が基準になるということだ。

例えば↑のような店舗の場合、①と②の面積を合計すると70㎡だが、①の面積は20㎡なので、①に7㎡のゲームを置くと、そこはゲームセンター以外の何者でもなくなってしまう。

この場合は客席①は2㎡まで、客席②は5㎡までということになる。忘れないようにしよう。

 

 

ダーツの場合の面積の求め方

では、次にダーツの面積の求め方を説明しよう。

ダーツの面積は通常のゲームよりもハードルは高いので小さな店舗は気を付けよう。

なぜならダーツの面積だけではなく、射的スペース(スローライン)といって投げるところからダーツ機までのすべての面積が基準になるのだ。

canvas

例えば↑のような場合、ダーツ機と射的スペースの広いほうを基準にして考えることになる。

この場合はダーツ機の面積と射的スペースの幅は同じとして、あとは①と④の長さをかければ面積が出る。

これが客席面積の10%であれば問題なく設置できるのだ。

 

疎明資料を用意しておこう

ここでは、疎明資料といって、もしも警察署の立ち入りがあった時にこれを見せれば理解をうながしやすい資料の作り方を説明したいと思う。

疎明資料といっても簡単だ。

平面図から面積を計算したものとゲーム機の面積を計算したものを用意し、10%以下である、と説明すればいい。

canvas本当に簡単だ。ただ、あまりにも簡単だからといって適当に書いたりチャラかったりすると説得力には欠ける。

学生の合同コンパのようなノリで作るのはやめよう。

また、疎明資料のゲーム以外にテレビゲームやルーレットなどを置いていたらそれらも合算するとあっという間に10%は超えてしまう。気を付けよう。

 

バーにダーツを置くリスク

バーにダーツを設置することは、以上のように10%ルール内であれば法律上のリスクはないが、もちろん実務でのリスクも検討する必要があるだろう。

ダーツを置く最も大きなリスクは接待行為を誘発させることだろう。

ガールズバーやメイドカフェでダーツを設置すると、男性客からすればキャストと一緒にダーツで遊びたくなるのは人情として当然だろう。

私だったらガールズバーやメイド喫茶でダーツが置いてあって客が一人でダーツをやるなんて机上の空論は信じない。

お酒が入れば「一緒にダーツしようよ」という男のスケベ心くらいはわかっているつもりだ。

 

しかし、これが風営法上の問題となると簡単にはいかない。

ダーツをキャストと客が一緒に遊ぶと接待行為となってしまい、深夜酒類提供飲食店ではなくなってしまうのだ。

この場合は実態として風俗営業1号の接待飲食店となってしまい、無許可営業の処罰の原因となってしまうのだ。

 

当たり前だが警察署もそのあたりは押さえていて、そのためダーツを設置するバーであれば立ち入りの可能性は上がると考えるのが自然だと思う。

 

また、最初は10%ルールの範囲で設置をしていたが、売り上げのことを考えるともう一台設置したほうがいいと考え、その結果10%を超えてしまうということも考えられる。

営業を続けるうちについつい風営法の順守がなあなあになることはよくあることだ。

風営法に関しては目をつむり、目先の売り上げを上げたいという「欲に負ける」というリスクも検討しよう。

 

まとめ

いかがだろうか?10%ルールの概要はかなりつかめたのではないだろうか。

バーにこれらのアミューズメント系のゲームを置くのは話のタネにもなるし、例えば男女であればデートでもつかえるので馴染みがいいといえるだろう。

しかし、客席面積の10%を超えるとそれはバーではなく、ゲームセンターになってしまうのだ。

ゲームは射幸心といってどうしても賭博性を帯びてしまい、日本の法律では規制をしなくてはならないものになってしまう。

できればしっかり理解し、あなたも、従業員も、そしてお客も安心して楽しめるお店づくりをしてほしい。

↓いいね!をお願いします↓

深夜営業・風俗営業許可のご依頼は
行政書士 前場亮事務所へ。
03‐6679‐2278
(10:00~20:00)
もしくはメールから24時間
関東全域対応。
すぐにお店を訪問します。
深夜営業 68000円~(税抜き)
風俗営業許可 140000円~(税抜き)
バー・スナック・キャバクラ
ガールズバー・メイドカフェ・
アミューズメントカジノ
麻雀店・居酒屋
などのあらゆる業務に対応します。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号

ご依頼・ご相談

LINEで送る