風営法と行政書士

従業員名簿の本籍記載の項目削除が目前です

警察庁は2014年8月21日に従業員名簿の本籍記載の項目を削除する原案を公表しました。

 

これにあわせてパブリックコメントも受け付けています。

 

よかったら是非ご覧になってください。

 

風営法の関連業務の営業所は、従業員のすべてに本籍記載の従業員名簿が必要とされていました。

ただ、本籍まで必要な理由が特段見当たらなく、業界関係者からは不当な差別を誘発すると批判も多くありました。

 

本籍は出自の問題などを含んだきわめてデリケートな部分です。

犯罪の温床になりやすい風営法関連業務であれば、従業員名簿を必須項目とすることはわかりますが、なぜ本籍まで必要だったのかが改めて疑問ですね。

↓いいね!をお願いします↓

深夜営業・風俗営業許可のご依頼は
行政書士 前場亮事務所へ。
03‐6679‐2278
(10:00~20:00)
もしくはメールから24時間
関東全域対応。
すぐにお店を訪問します。
深夜営業 68000円~(税抜き)
風俗営業許可 140000円~(税抜き)
バー・スナック・キャバクラ
ガールズバー・メイドカフェ・
アミューズメントカジノ
麻雀店・居酒屋
などのあらゆる業務に対応します。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号

ご依頼・ご相談

LINEで送る