LINEで送る

unnamedHSI6W3B6

 

キャバクラガールズバーの運営で悩ましいのが従業員の年齢だろう。

私も男なので多くの男性が若い女性を好きな気持ちはわかるが、それでも18歳未満を雇用するのはクライアントには絶対にやめたほうがいいと進言している。

これは私個人の意見なので参考程度にしてほしいのだが、法律的な問題以外にも18歳未満の少年少女を雇用するのは気分的に好きではない。

圧倒的に判断能力の乏しい年齢の少年少女を利用して、大人がありとあらゆる知恵を使ってスケベビジネスに利用しようとするのがせこいというか、しょぼいと思っているのだ。

今回は、この18歳未満の雇用がダメだということを、法律面から考察してみたいと思う。

結論から言えば18歳未満は法律上雇用できないのだが、それはどの法律でどういう趣旨なのかはいまいち理解されていないように感じる。

ここで理解しよう。

 

 

18歳未満を雇用してはいけない根拠法令

風営法

まずは風営法だ。キャバクラであれば1号許可、ガールズバーであれば深夜酒類提供飲食店の手続きをすることになるので一番重要な法律といってもいいだろう。

風営法22条で、禁止行為として以下の条文がある。

第二十二条 風俗営業を営む者は、次に掲げる行為をしてはならない。

当該営業に関し客引きをすること。
 当該営業に関し客引きをするため、道路その他公共の場所で、人の身辺に立ちふさがり、又はつきまとうこと。
 営業所で、十八歳未満の者に客の接待をさせ、又は客の相手となつてダンスをさせること。
 営業所で午後十時から翌日の日出時までの時間において十八歳未満の者を客に接する業務に従事させること。
 十八歳未満の者を営業所に客として立ち入らせること(第二条第一項第八号の営業に係る営業所にあつては、午後十時(同号の営業に係る営業所に関し、都道府県の条例で、十八歳以下の条例で定める年齢に満たない者につき、午後十時前の時を定めたときは、その者についてはその時)から翌日の日出時までの時間において客として立ち入らせること。)。
 営業所で二十歳未満の者に酒類又はたばこを提供すること。

 

18歳未満の従業員はお客に接待をさせることはできないし、もちろんダンスも一緒にさせてはいけないことになっている。

ガールズバーなどの深夜酒類提供飲食店は、ほぼこの条文を引用している(32条3項)。

お客としての利用は保護者同伴であればいいということになっているが、現実問題として保護者同伴でガールズバーにいくなんて考えられないので、あまりにもレアケースなのでここでは考察しない。

 

接待させなければいいのか?

ここで勘の鋭い人であれば、「接待行為をさせなければ働かせることができる」と気づくだろう。

接客と接待は違うので、たとえばキャッシャーや単にドリンクを運ぶだけなら接待には該当しないのでいいだろうという理論だ。

もちろんこの理論は正しいだろう。しかし、現実問題として”キャッシャーだけです”なんてのを警察は信用するだろうか?少なくとも私は信用しない。

大なり小なりどこかでお客との接点があるだろうと考えるのが普通だろう。

そんな学生の合同コンパのようなノリが通用する桜田門ではない。

この理論でいけば、18歳未満を雇うのであれば調理場や経理などの業務が考えられるかもしれないが、これらの業務であればわざわざ18歳未満を雇うメリットは考えにくいだろう。

労働基準法

次に労働基準法だ。

まず、労働基準法61条に

(深夜業)

第六十一条  使用者は、満十八才に満たない者を午後十時から午前五時までの間において使用してはならない。ただし、交替制によつて使用する満十六才以上の男性については、この限りでない。

と18歳未満の従業員を午後10時から朝5時までに勤務させることを禁止している。

さらに62条で危険有害行為として年少者労働基準規則として

四十四  酒席に侍する業務

四十五  特殊の遊興的接客業における業務

を禁止している。

この条文からいけば、四十四で接待飲食店(キャバクラなど)四十五でJKリフレなどでは時間を問わずに労働させてはいけないということになる。

四十四の酒席に侍する業務についてはあいまいだが、ガールズバーであってもこれに該当する可能性はないとは言えないだろう。

 

児童福祉法

次に児童福祉法だ。

児童福祉法の34条の1-9で

児童の心身に有害な影響を与える行為をさせる目的をもつて、これを自己の支配下に置く行為

を禁止している。

これについては記述があいまいだが、せんじつめれば大人がスケベ心を隠しつつ少年少女をビジネスに利用するのは有害なんだということだと考えていい。

最近のJKリフレの摘発は主に児童福祉法によるものが多い。これは児童福祉法が処罰規定が最も厳しいからだ。

もちろんキャバクラでも児童福祉法が適用される可能性はあるだろう。

 

なぜ18歳未満を働かせてはいけないのか?

日本国憲法は13条で幸福追求権があるため、個人の意思を最大限尊重しようというスタンスをとっている。

しかし、あなたにも経験があるだろうが、少年少女は心と体にアンバランスさがあり、特に心の部分は経験値が少ない分、判断能力は乏しいし流されやすい。

簡単に高い時給が得られるとなれば多少リスクがあると知りながらもこれらの業務に足を踏み入れてしまうということも考えやすい。

そのためどこかで線引きをして保護しようというのが今回紹介した法律の趣旨だ。

 

反対意見

社会にとっての必要性

そしてもちろん、これらの保護政策に反対する意見もあるだろう。

一番多い意見は、これらのビジネスであっても少女たちの収入源になるので規制をすれば貧困する日本社会においてはさらに悪質な部類のビジネスに足を染めるだろうというものだ。

こうなると「社会が悪い」という結論にもなるかもしれない。

私はそこまで壮大な問題に意見を言うつもりはないし、その力もないと思っている。こうなると価値観の問題だ。

 

一律に年齢で保護することへの反対意見

また、18歳でもしっかりとした判断能力があって、そのうえで勤務させようという意見もあるだろう。

これについては個人差はもちろんあるだろう。

しかし、なにをもって判断能力があるかはあいまいだし、どこかで線引きをしなければ制度として成り立たなくなってしまう。

そのため18歳という線引きをしているのだと考えれば私には保護制度は妥当なものだとも思う。

 

アイドル活動はなぜ18歳未満でできる?

キャバクラやガールズバーは危険で、アイドル活動は危険じゃない、というところに矛盾を感じる人もいるだろう。

アイドル活動なんて毎日接待行為みたいなものじゃないかという意見で、なぜアイドルだけが許されてキャバクラは許されないんだという理屈だ。

立場上苦しい部分もあるし、アイドルには大変申し訳ないが、この理論は理解できる部分も多い。

ただしアイドルは決してお客とだべってお酒を飲んで口説かれてという毎日ではない。

必死に楽しませようと努力するエンターテイメントの部分が大きいということもまた事実だろう。

私としては、難しいところだが、少なくともこの理屈を引き合いに出して18歳未満をキャバクラで働かせようと論じるのはピンボケしているように感じる。

 

スケベ心など一切ないのになぜ?

キャバクラやリフレで働かせるけど、少女をスケベ心でビジネスに利用しているのではない、という意見もあるかもしれない。

崇高な人なのだろう。

私は男だったら120%スケベだと思っているのでこの意見をあなたが真剣に持っているのであれば、あなたは素晴らしい人なのだと思う。

しかし、同時に面倒くさい人だとも思う。拍手を送りたいが、私は男はスケベだというのが前提なので、あなたと意見を交換したいとは思わない。

 

まとめ

いかがだろうか?せんじつめればとにかく18歳未満はキャバクラやガールズバーでは雇ったらアカンということだ。

これだけ法律でしばられているのは、それだけ抜け道を考える人がいるということだろうし、人間の懊悩に帰結しているのだ。

実際の実務上だと、「キャストとして雇いたいんだけど17歳8か月だった」という相談も受ける。

経営上、優秀なキャストがいれば押さえておきたい気持ちはわかるが、私の意見としては18歳になるのを待って雇用してくださいとしか言いようがない。

そのうえで、いろいろ理由をつけて18歳未満の少女をビジネスに利用したいのであれば、私は何も言わない。

あなたとは意見が合わないし、あなたがどうなろうと知ったこっちゃない。

 

あなたが18歳未満の場合

あなたが18歳未満で、どうしてもキャバクラやガールズバーで働きたいと思っていることもあるだろう。

この場合、割は悪いとは思うがまずはコンビニでもファミレスでもいくらでもバイト先はある。そこで汗をかいて働くということを知った後でも遅くはないだろう。

まずは汗をかいて働こう。お客と酒飲んで金を稼ぐんだったら、バイト経験を積んだほうがいい。

私はキャバクラやガールズバーも、真剣にやれば素晴らしい職業だと思っている。だからこそみんなでルールを守ろうという立場だ。

あなたには説教臭く聞こえると思うが、それなりに深く考えてこのスタンスをとっている。

それでも働きたいのであれば、頭を冷やしてもう一度この文章を読み返そう。

それでも何度読んでもいますぐ働きたいのであれば、それなりに理由があるのだろう。

私は決して身ぎれいな人間ではないし、それなりに社会の闇も見てきたほうだ。ある程度はアドバイスができるだろう。

メールでもなんでもいいので相談してほしい。


風営法に関するご質問はフォーラムから無料でできます


業務のご案内

風営法専門の行政書士である前場亮がお店を訪問し、その場で測量をし、最短で警察署の手続きを完了させます。
業務地域は東京都を中心に関東全域を対応しています。

特に東京都に関しては年間100件以上の手続きをすることでほぼすべての地域に経験があり、各警察署・浄化協会(公安)のクセや傾向も熟知しています。

保健所の許可+風俗営業許可1号(旧2号)で200,000円(役所の手数料込)
保健所の許可+深夜酒類提供飲食店で110,000円(役所の手数料込)
深夜酒類提供飲食店のみで74,000円(役所の手数料はなし)

でご依頼を承ります。
特に20坪未満の小規模のスナック・キャバクラ・ガールズバーに多くの実績があります。

「行政書士に連絡するのは気が引ける」
「後から聞いていない費用を請求されるかも」
「初めてで何から手を付けていいかわからない」
「偉そうにされたらいやだなあ・・・」

このような不安をお持ちのお客様に特におすすめします。
お電話をいただければすぐにお伺いし、簡単な書類を集めていただければハンコとサインさえしてくれれば残りは全部やります。

行政書士 前場亮事務所
東京都港区赤坂9‐1‐7 赤坂レジデンシャル534
tel03‐6679‐2278
(10:00~20:00)

LINEで送る