LINEで送る

おそらくあなたは風営法関連の業務に興味があって、法律上はどのようば違いがあるのかを調べているのかもしれない。

あるいはキャバクラガールズバーのキャストさんやボーイさんで風営法に関して不安があって調べているのかもしれない。

業界に関係する人であれば必ず一度は通るのが「キャバクラとガールズバーの違いってなんなの?」というものだろう。

なんとなくキャバクラはサービスが濃くて、ライトなのがガールズバーという感覚的なものは感じているかもしれないが、「もう少し具体的にはっきりと教えてくれよ」というのが本音だろう。

ここでしっかりと検討しよう。

 

キャバクラとガールズバーの違い

法律にはお店の区分はない

キャバクラとガールズバーに関して風営法をいろいろ勉強しても、条文にはどこにもそれっぽい言葉は出てこない。

キャバクラやガールズバーだけでなく、スナックもなければピンク産業の言葉もどこにもない。

そのためキャバクラと名乗っていても法律上はAにもなるし、Bにもなるという問題があるのだ。

そして、AなのかBなのかというのは違法か合法かの違いなので天と地ほどの差がある。

あなたがお店の関係者であればここでピンとこないのであれば気を付けたほうがいい。これを業界の人が知らないのはピラニアの池に裸で飛び込むようなものなのだ。

 

煎じ詰めれば白黒の二つしかない

では、具体的に法律上はどのような区分があるのだろうか?

いろいろ見てみると実際には多数に上るが、ここでの論点は煎じ詰めれば2つしかない。

接待行為ができるが、深夜0時までしか営業できないお店

・接待行為はできないが、深夜0時以降も朝まで営業できるお店

接待行為とは要するに男女のスケベ心や恋心をくすぐってお店側とお客が一緒に談笑したりカラオケのデュエットをしたりする行為のことだ。

「接待行為をしたいけど、深夜0時でお店をしめるのは嫌だ」きっとあなたはこう思うかもしれないが、それはできない。

接待行為と深夜営業は事実上択一なので、どっちもとるということはできないのだ。

 

接待行為ができるが、深夜0時までしか営業できないお店

法律上、接待行為をしたいのであれば風俗営業許可1号と言って、接待飲食店の許可を取らなければならない。

風俗営業許可を取ると堂々と接待行為ができるが、その代わりに営業時間の制限を受けるのだ。

接待飲食店とはお店側がお客を接待することで、キャバクラや銀座のクラブなどはほとんどが風俗営業許可を取得して営業している。

キャバクラにせよ銀座のクラブにせよお客の横について一緒にお酒を飲むし、カラオケがあれば一緒にデュエットをするし、手を握るなどのスキンシップもあるだろう。

許可を取らずにこれらの行為をすれば当然風営法違反ということになる。

 

 

風俗営業に貴賤はないと思おう

やや話がそれるが、「銀座のクラブと歌舞伎町のキャバクラでは同じ営業に見えない」こう思う人もいるかもしれない。

特に銀座のクラブのような会話の質や人としての姿勢を求められる世界にいる人からすればバカ騒ぎしてお酒を飲んでいる(というイメージがある)お店とは一緒にしてほしくないという人もいるだろう。

ただし、じゃあ銀座のクラブのお客に100%スケベ心がないかと言われればそれは違うだろう。

銀座のクラブの客だってキャストにモテたくて必死なことには何の違いもない。一皮むけば男は1000000%スケベな生き物なのだ。

 

「いやそんなことはない。うちのお客は全員スケベ心が一切ない」こういう人もいるかもしれない。

残念だがそういう人は人間の本質に迫っていないか、よほどの聖人君子のお客様に恵まれているのだろう。

私は身ぎれいな人間ではないので、すこし理解できない考えだ。

 

接待行為はできないが、深夜0時以降も朝まで営業できるお店

逆に、法律上朝までとおして営業したい場合は”深夜酒類提供飲食店”という手続きをすることになる。

深夜酒類提供飲食店はいわゆるバーの手続きだ。営業時間の制約を受けないが、接待行為は一切できないのだ。

そして、ほとんどのガールズバーはこの手続きで営業をしている。

「いやそんなことはない。あそこのガールズバーのキャストは一緒に飲むしデュエットもする」

こういう人もいるだろう。ガールズバーは大なり小なりこれらの行為があるのは実態として事実だと思う。

ただし厳密に言えばそれらの行為は接待行為なのでやってはいけないし、やりたいんだったら風俗営業許可を取らなければいけないのだ。

 

”カウンター越しだから接待行為ではない”は通用しない

よく「ガールズバーはカウンター越しの接客だから接待行為には該当しない」という理屈を聞くが、残念だが通用しないと思ったほうがいい。

これはカウンター越しであればお客との接触はしづらいし、一人のお客と長時間談笑しないということもお店側がコントロールしやすいのでそういわれているだけだ。

カウンター越しであっても手を握って接客したり、帰り際に抱き着いたり、お客と一緒にカラオケをデュエットすれば接待行為だ。

人間は自分が可愛い生き物なのでどうしても自分を都合よく解釈しがちだが、判断するのはあなたではなく警察だ。

チェックするのであれば、できれば信頼のできる他人にしてもらうのがベストだろう。

 

じゃあラウンジはどうなのよ

最近は六本木や西麻布の会員制のラウンジが盛況と聞く。

多くの場合、ラウンジは男性客が名目上女性客を連れて一緒に座り、飲むというものだ。

ただしこの場合は女性客はギャラ飲みだったりお店側から何らかの金銭的メリットがある場合がほとんどだ。

男性客がお金を払って女性客がギャラ飲みをするのであれば何の問題もない。合同コンパと何の違いもないからだ。

ただしお店側から何らかの形で金銭提供がある場合は結果として従業員と何ら変わりはないのでやはり風俗営業許可が必要ということになる。

そのため風俗営業許可を取りたくない何らかの理由があって隠れ蓑としてのラウンジ営業をやっていることがほとんどだ。

厳しい意見だが、違法営業なのであれば社会的な制裁を受けるのは時間の問題だと思う。

 

なぜ摘発されないか?

例えば接待行為をしているガールズバー、深夜3時までやっているキャバクラがあるとしよう。

「なぜあそこのお店は摘発されないんだろう。法律を守って営業しているお店が不利じゃあないか」こう思う人は多いと思う。

これらのお店が摘発されない理由は、極論この二つの理由しかない。

・バレていない

・バレてはいるが、摘発の手続きを取っていない

バレていないのであれば摘発のしようがない。しかしバレているのに摘発の手続きを取っていないのはどういうことだろう。

これに関しては本音は警察にしかわからないが、ほとんどの場合は摘発のタイミング待ちだろう。

摘発をするとなると国民の自由に大きな制限をかけることになる。そのため中途半端な理由で摘発をすることはできないのだ。

そのため問題の多いお店や目立っているお店がどうしても摘発の対象になる。

不公平と思うかもしれないが、一つ一つを丁寧に裏付けをとっていては時間も予算もいくらあっても足りないし、完全に根絶やしにするのはそもそも不可能だと思うので仕方がないことだと思っている。

 

まとめ

いかがだろうか。まとめると

・ガールズバーは深夜営業の手続きで営業していることが多い

・キャバクラは風俗営業許可をとって営業していることが多い

・法律上は接待行為ができるかできないかのどちらかしかない

そのためセオリーとしては

・ガールズバーは朝まで営業できるが、接待行為はできない

・キャバクラは接待行為はできるが、営業は深夜0時(場所によっては1時)までしかできない

この二択になる。

 

私は決して身ぎれいな人間ではないが、この風営法のシステムは多くの関係者に知ってもらいたいし、できれば守ってほしいと思っている。

スタートアップのお店は何とかして売り上げを伸ばしたいと考えるものだ。そんな時に風営法のシステムは悩ましいと思う気持ちも人情として理解できる。

しかし、長く続いているお店ほど法律をきちんと守っていることもまた事実なのだ。

ここでしっかりと押さえて正しい判断をしよう。


風営法に関するご質問はフォーラムから無料でできます


業務のご案内

風営法専門の行政書士である前場亮がお店を訪問し、その場で測量をし、最短で警察署の手続きを完了させます。
業務地域は東京都を中心に関東全域を対応しています。

特に東京都に関しては年間100件以上の手続きをすることでほぼすべての地域に経験があり、各警察署・浄化協会(公安)のクセや傾向も熟知しています。

保健所の許可+風俗営業許可1号(旧2号)で200,000円(役所の手数料込)
保健所の許可+深夜酒類提供飲食店で110,000円(役所の手数料込)
深夜酒類提供飲食店のみで74,000円(役所の手数料はなし)

でご依頼を承ります。
特に20坪未満の小規模のスナック・キャバクラ・ガールズバーに多くの実績があります。

「行政書士に連絡するのは気が引ける」
「後から聞いていない費用を請求されるかも」
「初めてで何から手を付けていいかわからない」
「偉そうにされたらいやだなあ・・・」

このような不安をお持ちのお客様に特におすすめします。
お電話をいただければすぐにお伺いし、簡単な書類を集めていただければハンコとサインさえしてくれれば残りは全部やります。

行政書士 前場亮事務所
東京都港区赤坂9‐1‐7 赤坂レジデンシャル534
tel03‐6679‐2278
(10:00~20:00)

LINEで送る