LINEで送る

14581061881200

 

立川のお客様よりご依頼をいただいて風俗営業許可1号申請をしています。すでに立地調査は終わり、書面作成と申請です。

立川は中央線で新宿から45分以上かかりますし、当事務所からは決して近い場所ではありませんが、なぜか多数の依頼をいただいていましてつい3か月前も1号許可申請をしたばかりです。

今回の立地は前回の立地と距離的にはほとんど離れていないのですが、一応念のため100メートルの範囲すべてのエリアを確認しました。問題なし。

 

立川市は不思議なんですが計画行政が本当に進んでいて、繁華街・居住地域・行政区域が完全にわかれているように思います。

そして市役所は駅の近くではなく行政区域のど真ん中にあり、立川駅からバスで行くことになります。その間に家具で有名なイケアがあります。

行政書士としては保健所で医療機関の確認もしないといけないのですが、これが仮庁舎になっていてまた遠い!風俗営業許可で必要になる行政機関がすべて離れているので本当に行政書士泣かせです。

こうなるとたとえば役所で書類の不備とかがあると出直しになるのですが、そんなことは絶対にしたくないので目が血走ります。

14581103894060

今回は若干イレギュラーな案件で、慎重に進める部分と一気に進める部分を見極めないといけません。

 

立川市での風俗営業許可・深夜酒類提供飲食店の手続きは行政書士前場亮事務所にお任せください。


風営法に関するご質問はフォーラムから無料でできます


業務のご案内

風営法専門の行政書士である前場亮がお店を訪問し、その場で測量をし、最短で警察署の手続きを完了させます。
業務地域は東京都を中心に関東全域を対応しています。

特に東京都に関しては年間100件以上の手続きをすることでほぼすべての地域に経験があり、各警察署・浄化協会(公安)のクセや傾向も熟知しています。

保健所の許可+風俗営業許可1号(旧2号)で200,000円(役所の手数料込)
保健所の許可+深夜酒類提供飲食店で110,000円(役所の手数料込)
深夜酒類提供飲食店のみで74,000円(役所の手数料はなし)

でご依頼を承ります。
特に20坪未満の小規模のスナックキャバクラガールズバーに多くの実績があります。

「行政書士に連絡するのは気が引ける」
「後から聞いていない費用を請求されるかも」
「初めてで何から手を付けていいかわからない」
「偉そうにされたらいやだなあ・・・」

このような不安をお持ちのお客様に特におすすめします。
お電話をいただければすぐにお伺いし、簡単な書類を集めていただければハンコとサインさえしてくれれば残りは全部やります。

行政書士 前場亮事務所
東京都港区赤坂9‐1‐7 赤坂レジデンシャル534
tel03‐6679‐2278
(10:00~20:00)

LINEで送る