風俗営業許可・深夜酒類提供飲食店営業専門の行政書士事務所です。

居酒屋・バーの創業融資|必ず融資を獲得するためのポイント

  • HOME »
  • 居酒屋・バーの創業融資|必ず融資を獲得するためのポイント

創業融資の目的

unnamedY6WXBYA7

一般的に飲食店を一店舗開業しようとすると最低でも500~700万円程度はかかります。

最近は居ぬき物件も多く、中には造作譲渡に費用のかからない物件もあるようですが、これはレアケースですし、せっかくしっかりと修行したのであれば一から始めたいと思うのが人情でしょう。

 

融資とはいってもその本質は借金です。借金というとネガティブなイメージかもしれませんが、経営という観点から言えば借金は戦略上の”資産”として扱われます。

そして、国としてもやる気のあるひとに積極的に融資をし、経済を活性化させてもらいたいと考えています。その制度が創業融資なのです。そして創業融資には日本政策金融公庫と各自治体の制度融資があります。

 

創業融資の獲得方法

最終的には本人のやる気をどこまで証明できるかがポイント

どうすれば創業融資を獲得できるのでしょうか?いろいろとポイントはありますが結局は真剣にその事業を継続してしっかりと返済をする決意を証明するということが重要です。

証明するポイント①自己資金

創業融資は自己資金の10倍まで融資を受けることができますが、これはレアケースで実質は自己資金の3倍程度と考えましょう。

ここで質問です。あなたが融資担当の職員だったら、どちらに融資しますでしょうか?

①「やる気はあります!でも自己資金はありません」

②「やる気はあります!5年間かけてコツコツ自己資金をためました!」

この二つで①に融資をするのはよほどのお人よしでしょう。言葉は悪いですがやる気なんて形に表せないものなので、まずは外見から見ようということです。外見とはコツコツとためた自己資金なのです。

たまに自分をよく見せるのが得意な人がいて、かっこいい言葉とか胸を打つプレゼンテーションはできるのですが、融資は長い年月をかけて返済しますのでコツコツと継続できるかが重要です。それはやはり過去の実績を見れば一発でわかるものです。

 

ポイント②経験の有無

たとえばラーメン店で開業したいのに今はバーで働いていますなんて言っても担当官は一切信用しません。

ラーメン店で開業したいのであればラーメン店で働くべきですし、バーを開業したいのであればバーで勤務するべきなのです。

また、融資は一般的に5~7年で返済をしますので、勤務先が1~2年でコロコロ変わるのはこらえ性がないと思われてしまいます。できれば一つのところで最低3年は勤務したほうが心証がいいでしょう。

 

ポイント③担保の有無

担保は人的担保と物的担保に別れます。

あなたが融資を返済することができなくなった場合に返済の代わりになる(あるいは代わりに返済する)人やモノです。

人とは保証人のことですが、最近は人的担保は表立って語られることはないのでここでは飛ばして説明します。

物的担保とはたとえば土地や家などの不動産が一般的です。返済できなければこの土地を差し上げますという契約書を作成することで融資のハードルを下げるのです。

もちろん、あなたが実際に返済できなくなれば土地や家は没収されます。「なんて残酷な」と思われるかもしれませんが、そういう契約なので仕方ありません。

 

これが融資獲得の3つのポイントです。ここまでをクリアーして初めて人格や受け答えが問われるのです。ここを飛ばして人柄とか人望とか言っても相手にされません。

 

実際の融資獲得

創業計画書

canvas

では、実際にどのように融資を受けるのでしょうか?

まずは綿密な創業計画書が必要になります。これは創業動機から始まり具体的な商品、店舗予定の立地、ターゲットとなる客層、実際の売り上げとその根拠をしっかりと文章に落とし込みます。

実際には融資は受けてみないと立地も決められないし、立地が決まらなければターゲットも決められないというのが本音かもしれませんが、そんなことを言ったらいつまでたっても融資は受けられません。

「自分はこの物件でこのターゲットでこの戦略で行くんだ」という強い意志を見せて初めて担当者は融資を決めるのです。

 

資金繰り計画書

canvas

実際に戦略が決まり創業計画書がかけても、それを数字ベースで証明しなければなりません。ひと月にいくらの売り上げがあって原材料費や経費はいくらかかって、利益はいくらあって、その中から返済をする・・自分の給料はいくら・・・

これをしっかりと数字に落とし込み、実際に表にします。

もちろん計画なんてやってみなければわかりませんし、客商売だから計画なんて立てられないという思いもあるかもしれませんが、それでも表にしなければなりません。

資金繰り表であなたの思い込みが強すぎて根拠のない売り上げを書いてしまったり、甘い計画を立てている場合、やはり融資は実行されません。

 

最後は本人の人間力

ここまで来て初めて面接になり、本人の人間力が問われます。

問われたことにはっきりと答えているか、話に矛盾はないか、やる気は十分か、最低限のビジネスマナーを備えているかなどを面接官は見ます。

挨拶ができない、声が小さい、愛想がないなどでは融資返済までのコミュニケーションが取れるか不安になってしまいます。

また、お金を借りるという本質はドロドロした部分もありますので覚悟を持たなければならないのですが、ここも短い面接の間で見極めることになります。

 

もともとあがり症、声が小さい、自分に自信が持てないという場合もあると思いますが、これに関しては心配する必要はありません。

しっかりと相手の目を見て一生懸命伝えようとすれば必ず意思は通じます。逆にペラペラしゃべるけど矛盾ばかりでなんとなく信用できない、という場合もありますからここは自分を信じましょう。

 

 

正しい準備とアプローチとで融資獲得は十分に可能

いかがでしょうか?融資獲得は難しいと思われていますが、ここまでのポイントさえ押さえれば難しいことではありません。

国としてもやる気があってきちんとした準備をした人であれば積極的に融資したいと考えているのです。

ところがインターネットには必要以上にハードルを下げた紹介をしたり、あるいは難しいとあおったりすることでサポート料金をむしりとろうとするサービスがたくさんあります。

あなたが本気で開業したいと考えていれば、まずはその全体像だけでも勉強し、そのうえで専門家を頼るのが正攻法でしょう。

 

創業融資には専門家がたくさんいます。わからない場合は遠慮せずに専門家を頼り、利用できる部分は利用し、ご自身の独立開業に役立てましょう。

 

最後に広告

融資

最後になりましたが、もちろん当事務所も創業融資のサポートをしています。

一般的に創業融資をサポートするとその後の税理士顧問契約を結ばされたすることが多いのですが、当事務所はそんなことはありません。

あなたが自身で税務申告をしてもいいですし、自分の目で見つけた税理士に頼んでも構いません。もちろん行政書士の顧問契約を押し付けることもありません。

サポート料金は獲得金額の4%のみです。着手金はかかりません。ぜひお役立てください。

風営法に関するご相談・ご依頼は行政書士 前場亮事務所へ TEL 03-6679-2278 受付時間12:00~20:00(年中無休)
出られない場合は080-4755-7983からかけなおすこともあります。

開業後の販促にお役立てください

開業後の販促にお役立てください

サイト内検索

風営法のご質問はフォーラムへ

  • 現在三重県津市でエス... »
  • 前場様 早速のご回答... »
  • 出張型女性専用マッサ... »
  • 長文失礼します。 カ... »
  • ご回答ありがとうござ... »
風営法専門の行政書士とは?
当事務所は、風営法専門の行政書士事務所として、東京都を中心に関東全域を業務地域とし、各種バーや居酒屋、キャバクラやホストクラブ、マージャン店などの許可を最速・確実に取得します。

・これから開業するので早く許可がほしい

 

・すでに営業しているが許可をとっていない

 

・警察の立ち入りがあり、緊急に申請しないといけない


等の場合には是非ご相談ください。

当事務所代表 前場亮 ごあいさつ

行政書士 前場亮事務所
107-0052
東京都港区赤坂9‐1‐7赤坂レジデンシャル534
電話番号03-6679-2278
風営法関連の業務に関する
ご質問・ご相談はお気軽に!

最近読まれている記事

Sorry. No data so far.

最近の投稿

PAGETOP