LINEで送る

unnamed

キャバクラスナックなどの風俗営業許可、カラオケバーやガールズバーなどの新酒類提供飲食店の名義人が離婚をした場合、その後の手続きはどのようになるのだろうか。

これに関しては、

①氏が変更する

②氏は変更しない

この二つによって大きく変わってくる。

なお、行政書士前場亮事務所は女性むけの離婚全般の情報サイトも運営している。あわせて参考にしてほしい。

 

氏が変更する場合

女性に多いと思うが、離婚をすることで氏(姓)が婚姻前のものに変更する場合、所轄の所轄の警察署に変更届を提出することになる。

保健所の許可証の変更届を提出し、変更をする

所轄の警察署で変更届の手続き

の順番で変更届をしよう。

保健所によっては離婚したことを証するための戸籍謄本の提示を求められることが多い。

そのため戸籍謄本や住民票などの「離婚して氏が変更になった」ということを証明する書類を用意して、印鑑をもって保健所に行こう。

書式に関しては所轄の保健所のホームページにも載っているが、わからない場合は直接行くのもいいかも知れない。

保健所の職員さんは親切なことが多いので正直に「わからないので教えてほしい」と質問すればたいてい教えてくれるだろう。

 

保健所の変更届が完了すれば、変更した許可証と戸籍謄本、住民票、印鑑をもって所轄の警察署にいこう。

変更届はホームページにも出ているが、これも直接行って説明を聞きながら手続きをしても大丈夫なことも多い。

ただし、所轄によっては予約をしないと門前払いをされるところもあるのでできれば事前に生活安全課に連絡を入れよう。

 

氏が変更しない場合

離婚をしても婚姻時の氏を名乗る場合、特に変更の手続きは必要ない。

 

法人名義の場合

個人営業の場合は個人の名前が名義人になるが、法人での申請の場合は名義は会社になる。

そのため手続きは特にしなくてもいいじゃんという気にもなるが、厳密に言えば申請書や届出書の情報と変更がある場合は変更届が必要なのだ。

・風俗営業許可の場合は監査役以上の役員は全員

深夜酒類提供飲食店は代表者

これらに該当する場合で、離婚によって氏が変わった場合は変更届が必要だ。


風営法に関するご質問はフォーラムから無料でできます


業務のご案内

風営法専門の行政書士である前場亮がお店を訪問し、その場で測量をし、最短で警察署の手続きを完了させます。
業務地域は東京都を中心に関東全域を対応しています。

特に東京都に関しては年間100件以上の手続きをすることでほぼすべての地域に経験があり、各警察署・浄化協会(公安)のクセや傾向も熟知しています。

保健所の許可+風俗営業許可1号(旧2号)で200,000円(役所の手数料込)
保健所の許可+深夜酒類提供飲食店で110,000円(役所の手数料込)
深夜酒類提供飲食店のみで74,000円(役所の手数料はなし)

でご依頼を承ります。
特に20坪未満の小規模のスナック・キャバクラ・ガールズバーに多くの実績があります。

「行政書士に連絡するのは気が引ける」
「後から聞いていない費用を請求されるかも」
「初めてで何から手を付けていいかわからない」
「偉そうにされたらいやだなあ・・・」

このような不安をお持ちのお客様に特におすすめします。
お電話をいただければすぐにお伺いし、簡単な書類を集めていただければハンコとサインさえしてくれれば残りは全部やります。

行政書士 前場亮事務所
東京都港区赤坂9‐1‐7 赤坂レジデンシャル534
tel03‐6679‐2278
(10:00~20:00)

LINEで送る