LINEで送る

今回は番外編です。

キャバクラやホストクラブの許可申請をするときにまずするのは立地調査といって店舗予定地の近くに病院とか学校とかの保全対象施設がないかどうかを調べるのです。

これに関しては各行政書士の先生でいろいろやり方はあると思いますが、当事務所は王道でゼンリンの地図を片手に一つ一つくまなく調べるようにしています。

繁華街のど真ん中にあって、さらに風俗営業のお店ばっかりのところですと手抜きしてみたくなる時もありますが、ここはぐっとこらえて一つ一つの建物を見て回ります。

 

保全対象施設の調査

ゼンリンの地図を入手する

ゼンリンの地図は、当事務所はゼンリンと契約を結んでいて事務所のパソコンから地図がひっぱり放題なのですが、契約しなくてもセブンイレブンで一枚300円で立派な住宅地図が入手できます。

最終的に警察署に申請するときにゼンリンの地図だと大丈夫なのですが、グーグルマップなどのフリーサービスのものは添付しても警察では受けてくれません。

もしご自身で申請をしようという場合はぜひセブンイレブンの住宅地図サービスをご利用ください。(今回は番外編ですので詳しい取り方は割愛します)

 

一つ一つの建物を調査する

ゼンリンの地図を入手したら、地図を片手に一つ一つの建物を調査します。

調査といえば聞こえがいいのですが、要するにくまなく歩いて保全対象施設が店舗の近くに歩かないかを確認するのです。

病院や診療所、図書館、保育園などがその対象になりますが、これ以外にもいろいろと細かい決まりがあるので注意が必要です。

ビルの最上階にあって、しかも看板が出ていない保全対象施設もあるので注意しないといけない・・・という行政書士さんのブログも拝見しますが、そこまでわかりづらいのには今まで当たったことはありません。

 

役所・保健所で最終確認をする

くまなく歩いたら次は役所や保健所で最終的に間違いがないかを確認します。

図書館や児童福祉施設、学校などは役所の発行する暮らしガイドのようなものを利用しますし、病院や診療所に関しては保健所で確認します。

「なんだ、それじゃあ最初から役所と保健所で確認すればいいじゃないか」と思う人もいると思いますが、・・・なぜかくまなく歩く、という不文律があります。

 

松戸の風俗営業許可申請をするときにお勧めのラーメン!

今回は番外編ですのでここからが本編になります。

なぜ保全対象施設の調査の話をしたかというと、この保全対象施設を調査すると、たいていおいしそうなお店に出くわすのです。

もともとキャバクラやホストクラブなどの風俗営業のお店は繁華街にありますし、そこの土地のいかにもおいしそうなお店を横目に調査し、「調査が終わったらあそこに行ってやる」と目を光らせるのです。

 

そして今回見つけたお店はこちら。

14379869515551
ラーメン店で、昼間の三時で、猛暑の中、たくさんの人が並んでいたので気になって入りました。

お店の名前は”兎に角”さんといいます。ネーミングからはダメなオーラがありますが、お品書きの写真がうまそうだし、なんとなくカンが働いたのです。

 

中に入ると大きな鍋でじゃんじゃんスープを煮ています。カウンターだけで20人も入ればいっぱいのお店にスタッフさんが5人はいました。さらに奥には自家製の製麺をする専用の部屋までありました。「これはあたりだ!」と小さくガッツポーズをとったぞ。

 

はじめてだったので一番上のラーメンを注文。

14379869434000

全体的にはここ4~5年ではやりの魚介系とんこつのドロドロのスープに太麺を合わせたものですが、このチャーシューの色が何ともつやがあっておいしそう!

 

スープはアツアツというものではなく、むしろやや冷め気味の温度です。これには理由があるのでしょう。全く気になりません。

魚介ととんこつを強烈に濃縮したスープなのですが決してべったりしているわけではなく、東京のつけ麺店のものよりも若干あっさりしています。

そして麺が最高で、極太、というわけではなく、細麺というわけでもなく、ちょうどその中間くらいの太さです。

この麺がスープの濃さとちょうどマッチして、チャーシューとメンマのトッピングとちょうどいいバランスをとっています。

 

そして気に入ったのが店員さんの接客です。じゃんじゃんお客さんがはいっているので、人気店ですと中には横柄な店員さんがいる場合もありますが、こちらはきちんと礼儀正しく、気持ちよく食事できます。

店内も清潔。松戸にお立ち寄りの方には是非お勧めです。食べてみたくなりませんか?

 
松戸 ラーメン 兎に角
千葉県松戸市根本462

ネットで調べてみると、どうやら有名店のようです。


風営法に関するご質問はフォーラムから無料でできます


業務のご案内

風営法専門の行政書士である前場亮がお店を訪問し、その場で測量をし、最短で警察署の手続きを完了させます。
業務地域は東京都を中心に関東全域を対応しています。

特に東京都に関しては年間100件以上の手続きをすることでほぼすべての地域に経験があり、各警察署・浄化協会(公安)のクセや傾向も熟知しています。

保健所の許可+風俗営業許可1号(旧2号)で200,000円(役所の手数料込)
保健所の許可+深夜酒類提供飲食店で110,000円(役所の手数料込)
深夜酒類提供飲食店のみで74,000円(役所の手数料はなし)

でご依頼を承ります。
特に20坪未満の小規模のスナック・キャバクラ・ガールズバーに多くの実績があります。

「行政書士に連絡するのは気が引ける」
「後から聞いていない費用を請求されるかも」
「初めてで何から手を付けていいかわからない」
「偉そうにされたらいやだなあ・・・」

このような不安をお持ちのお客様に特におすすめします。
お電話をいただければすぐにお伺いし、簡単な書類を集めていただければハンコとサインさえしてくれれば残りは全部やります。

行政書士 前場亮事務所
東京都港区赤坂9‐1‐7 赤坂レジデンシャル534
tel03‐6679‐2278
(10:00~20:00)

LINEで送る