LINEで送る

unnamedCSFOP5S4

カラオケを飲食店に置くことのメリットは大きい。

おそらくあなたもそのことを強く理解して、これからあなたの飲食店にカラオケを設置しようかどうかを検討しているのかもしれない。

あるいはガールズバースナックキャバクラなどの飲食店にすでに設置をしていて、法律上の問題を調べているのかもしれない。

結論から言えばカラオケは風営法と密接に関係していて、悪い方向に使ってしまうと風営法違反になってしまう可能性がある。

違反営業が罰せられれば罰金や営業停止などの処分や、最悪な場合はつかまってしまうこともありうるのだ。

普通の感覚であれば、警察のお世話になるのは絶対に嫌だとなるだろう。私だって同じだ。

そこでここでは、飲食店にカラオケを設置するときの問題点と解決策を完全に紹介したいと思う。

まずは一通りざっくり読んで、そのうえでしっかりと理解してくれればあなたの飲食店は法律上全く問題なくカラオケを置けるだろう。

風営法に強いお店はメリットが大きい。キャストさんや従業員さんもさらに安心して働けるだろう。

ぜひしっかり読み込んでほしい。

 

飲食店とカラオケ機

カラオケは、使い方次第で合法にも違法にもなる

カラオケは、風営法の仕組みができたずっと後に出現したため、風営法の条文そのものがカラオケに完全に対応できていない。

カラオケの後に風営法ができればしっかりと明確に対応できただろうが、その逆の順番なので存在があいまいなのも仕方ないのかもしれない。

しかし、あいまいだからといって特に知識を持たずに営業で使うとなると最悪な場合お店そのものが違法営業ということで取り締まりを受ける可能性があるということを覚えてほしい。

 

カラオケが違法になるパターン①接待行為

カラオケを設置することで違法営業になってしまう一番多いパターンは、許可を取らずにお客とキャストがデュエットしたり、カラオケを歌った後に盛り上げたりすることだ。

キャストとお客がデュエットしたり、カラオケをほめはやすことを風営法では接待行為という。

接待行為は風営法では1号営業(キャバクラやホストクラブなど)の許可を取らなければいけないのだ。

ところがガールズバーやスナックでもお客にねだられてキャストがデュエットをしてしまうことは案外多いのではないだろうか?

もちろん常連客に一緒に歌おうよと言われれば断りづらいのが本音だろう。

しかし、もし許可を取っていないのであれば立派な法律違反だということは知っておこう。

 

カラオケが違法になるパターン②時間外での遊興行為

次に多いパターンが深夜0時を過ぎてお店側がお客にカラオケを勧める行為だ。

0時までであれば「どうぞどうぞ」とカラオケを勧めることは法律の範囲内だが、0時を過ぎればお勧めすることはできない。このことを遊興行為という。

ガールズバーやスナックでは日の出までの営業も多いだろう。

しかし、深夜0時を過ぎればほめはやすことはもちろんカラオケをお勧めすることも実は違法行為なのだ。

アイコン 目ここで一つ疑問がわいてくるだろう。カラオケボックスは24時間営業なのだが、なぜ違法にはならないのだろうか?

カラオケボックスはお客をほっておいて、お客が勝手に自分で入力してカラオケを歌うのでお店側が勧めているわけではない。ここの違いをぜひ理解しよう。

 

カラオケが違法になるパターン③騒音問題

各都道府県によっても違うし、そこの立地によっても基準は違うが、あなたのお店が防音設備をしっかり設けていないとカラオケは音漏れをしてしまい、その結果騒音問題で苦情が発生する。

すると都道府県条例で音漏れによる法令違反になることがあるのだ。

実際に私の事務所に依頼をいただく中でも騒音問題は営業を開始した後に一番起こりうる問題だ。

騒音での苦情が警察に行くと、警察としても無視するわけにはいかない。

警察が立ち入りや内偵をした場合、その結果騒音問題そのものを指摘されることもあるし、騒音問題以外のことを指摘されるかもしれない。

これに関しては営業のスタイルを変えるか防音設備を設けるかなどの、お店にとっては大幅な方針転換をすることになる。

防音設備は大変に高額になる。カラオケを設置する場合はしっかりと準備をしておこう。

 

どのようにすれば合法的にカラオケを設置できるか?

では、実際にあなたのお店がカラオケを設置する際にどうすれば合法的に設置できるのかを検討しよう。

 

キャバクラ・ホストクラブの場合

あなたのお店がキャバクラやホストクラブなどの風俗営業1号の場合は堂々とお客とデュエットしていいし、お客が歌い終わった後にも思い切り盛り上げて大丈夫だ。

しかし、深夜0時以降は一切カラオケはできない(そもそも1号営業は深夜0時か深夜1時までの営業時間だ)。

しっかりと時間を守ればたいして難しいことはないだろう。

 

ガールズバー・カラオケスナックの場合

あなたのお店がガールズバーやスナックなどの深夜酒類提供飲食店の場合は、お客とキャストのデュエットはやめたほうがいい。

お客にねだられることも想定できるからあらかじめメニューなどにデュエットお断りの旨を掲示しておくのもいいだろう。

また、積極的にカラオケを勧めるのは遊興行為なので深夜0時までだ。

しかし、遊興行為は接待行為と紙一重だし、ずるずる接待行為まがいの状態になりがちだ。

できればお客に勝手に歌ってもらうほうがいいだろう。

 

騒音問題

騒音問題に関しては、賃貸契約の時にしっかりと確認することが一番重要だ。

居ぬきの場合はカラオケを設置する旨を不動産会社にしっかり伝え、そのうえで防音設備を確認しよう。

壁一面、床・天井にグラスウールという吸音材が張り巡らされていなければ遅かれ早かれ騒音の苦情は来ると思っていいだろう。

スケルトンから新規で施工する場合は必ず施工業者と防音設備について確認しよう。

しかし、防音設備は高額なためともすると「防音設備はなくても何とかなるでしょ」と流されてしまいがちだ。

しかし、そのツケはかならず営業後に来ると思ったほうがいい。

カラオケを置きたいのであれば、かならず防音設備を設けよう。

 

まとめ カラオケは飲食店にとって諸刃の剣だということを知ろう

いかがだろうか?「なんかカラオケを飲食店に置くのって難しいんだな」と思ったことだと思う。

カラオケはうまく使えばお客の気持ちをほぐし、心を開き、お店の魅力を高める武器にもなるし、下手な使い方をすれば違法営業となる諸刃の剣なのだ。

 

複雑に感じるかもしれないが、気を付けることは使い方と使う時間、この二つしかない。(騒音問題は設備の問題だから根本的な悩みの原因ではない。あるかないかの問題だからだ。)ぜひしっかり守ってほしい。

 

小難しいことを並べたが、すべてはあなたのお店を長く続けてほしいからで、いじわるでいっている気は一切ない。

カラオケは日々のストレスを発散させ、明日への活力にもなるし、何よりも歌を歌うのは気持ちいいものだ。

あなたが飲食店の経営者だったり店長だったり、あるいはキャストであっても、風営法を少しでも理解し、そのうえでお客に憩いの場を提供してほしい。

 

あなたにも、お店で働くあなたの仲間のためにも。


風営法に関するご質問はフォーラムから無料でできます


業務のご案内

風営法専門の行政書士である前場亮がお店を訪問し、その場で測量をし、最短で警察署の手続きを完了させます。
業務地域は東京都を中心に関東全域を対応しています。

特に東京都に関しては年間100件以上の手続きをすることでほぼすべての地域に経験があり、各警察署・浄化協会(公安)のクセや傾向も熟知しています。

保健所の許可+風俗営業許可1号(旧2号)で200,000円(役所の手数料込)
保健所の許可+深夜酒類提供飲食店で110,000円(役所の手数料込)
深夜酒類提供飲食店のみで74,000円(役所の手数料はなし)

でご依頼を承ります。
特に20坪未満の小規模のスナック・キャバクラ・ガールズバーに多くの実績があります。

「行政書士に連絡するのは気が引ける」
「後から聞いていない費用を請求されるかも」
「初めてで何から手を付けていいかわからない」
「偉そうにされたらいやだなあ・・・」

このような不安をお持ちのお客様に特におすすめします。
お電話をいただければすぐにお伺いし、簡単な書類を集めていただければハンコとサインさえしてくれれば残りは全部やります。

行政書士 前場亮事務所
東京都港区赤坂9‐1‐7 赤坂レジデンシャル534
tel03‐6679‐2278
(10:00~20:00)

LINEで送る