LINEで送る

kanda1

神田のクライアントから依頼がありまして風俗営業許可申請をすることになりました。

例によって最初にクライアントに会う前に街を練り歩きます。神田は繁華街というかサラリーマンの憩いの場になっていて、安い居酒屋が軒を連ねる中、もちろんキャバクラスナックなどのナイトビジネスもたくさんあります。

風俗営業許可専門の行政書士としては歌舞伎町とか池袋とかのわかりやすい風俗街からの依頼も多いのですが、神田とか湯島からもおおく、これらの地域はなんというかビジネス街と繁華街がモザイク状になっていて事前のイメージはしづらいですね。

 

神田の所轄警察署

honnsyoimage神田はいわゆるアキバ系の外神田は万世橋警察署なのですが、神田駅の周りの内神田などは神田警察署が所轄です。

 

万世橋警察署はメイド喫茶とかの許可で散々お邪魔していますし、窓口はおそらく僕のことを”メイド喫茶専門行政書士”だと思っていると思うのですが、それに比べると神田署はあまり行ったことがありません。

 

神田駅の周辺はいったい全部が商業地域という風俗営業者には天国のような地域なのですが、神田署はそれに比べると地味な印象があります。

神田警察署

今日は簡単な打ち合わせのみで、このあとに保健所の申請に入ります。

 

 


風営法に関するご質問はフォーラムから無料でできます


業務のご案内

風営法専門の行政書士である前場亮がお店を訪問し、その場で測量をし、最短で警察署の手続きを完了させます。
業務地域は東京都を中心に関東全域を対応しています。

特に東京都に関しては年間100件以上の手続きをすることでほぼすべての地域に経験があり、各警察署・浄化協会(公安)のクセや傾向も熟知しています。

保健所の許可+風俗営業許可1号(旧2号)で200,000円(役所の手数料込)
保健所の許可+深夜酒類提供飲食店で110,000円(役所の手数料込)
深夜酒類提供飲食店のみで74,000円(役所の手数料はなし)

でご依頼を承ります。
特に20坪未満の小規模のスナック・キャバクラ・ガールズバーに多くの実績があります。

「行政書士に連絡するのは気が引ける」
「後から聞いていない費用を請求されるかも」
「初めてで何から手を付けていいかわからない」
「偉そうにされたらいやだなあ・・・」

このような不安をお持ちのお客様に特におすすめします。
お電話をいただければすぐにお伺いし、簡単な書類を集めていただければハンコとサインさえしてくれれば残りは全部やります。

行政書士 前場亮事務所
東京都港区赤坂9‐1‐7 赤坂レジデンシャル534
tel03‐6679‐2278
(10:00~20:00)

LINEで送る