LINEで送る

oshigoto

 

おそらくあなたは居酒屋を経営しているか、あるいはこれから開業しようとしているか、あるいはそのスタッフなのではないだろうか?

そして、「深夜にお酒メインのお店を出すということは風営法の許可を取らなければならないのではないか?」という情報を聞いて一生懸命調べているのかもしれない。

最初に結論から言えば、法律上、居酒屋が深夜0時以降まで営業しようとしたら、保健所の許可に加えて警察署の許可も必要になる。

ただ、警察署の許可に関しては実際に必ず取らなければいけないかというとそうではないので、そのチェックポイントをここで完全におさえてほしい。

 

居酒屋の許可のポイント

保健所の許可

一般的にいう「飲食店の許可」は保健所の営業許可だ。

居酒屋である以前に飲食店だ。そして飲食店は保健所の食品営業許可という許可を取らなければならない。

ただし、さすがにいくらなんだって保健所の許可を取らずに営業をしているのは聞いたことがないし、あなたのお店が保健所の許可をとらずに営業しているのであれば、今すぐに営業を自粛して保健所の許可を取ってほしい。

保健所の許可をとることはおそらくあなたでもできるだろうし、わからなければ保健所に行って聞いてやれば絶対にできる。

 

警察署の許可

つぎに、ここが問題の「居酒屋の許可」になる。

居酒屋の営業時間は深夜0時で閉まるところもあれば繁華街であれば朝まで営業するところもあるだろう。

ここで、「深夜酒類提供飲食店営業」という言葉を覚えよう。

私たち行政書士の間では略して深酒(ふかざけ)と呼んでいるが、深夜0時以降にお酒をメインに営業するスタイルのお店は所轄の警察署に届け出なければならないのだ。

居酒屋であれば深夜0時以降でもやはり酒類がメインだろう。

そうなると当然届け出なければならないし、届け出ていないのは違法営業ということになる。

 

アイコン ペンだが実際には深夜酒類提供飲食店の制度は昔のままなので現代の飲食店の現状とはなじんでいない部分も多い。
そのため警察も居酒屋に深夜酒類提供飲食店の届出を”絶対取ってくれ”とは強く勧めてきたりはしない。
ただ、だからといって取らなくていいかといえばそうではない。ここは営業者の器量の見せ所だろう。

判断に迷ったら遠慮なく相談してほしい。

風営法第33条

風営法の第33条に

(深夜における酒類提供飲食店営業の届出等)
第三十三条   酒類提供飲食店営業を深夜において営もうとする者は、営業所ごとに、当該営業所の所在地を管轄する公安委員会に、次の事項を記載した届出書を提出しなければならない。

という条文がある。

つまり、あなたの居酒屋が深夜酒類提供飲食店であれば、所轄の警察署に届け出なければならないのだ。

ここで、あなたのお店が深夜酒類提供飲食店営業なのかどうかをここで一度確認しておこう。

 

深夜0時以降にお酒をメインに提供している

深夜0時を過ぎてお酒をメインに提供するお店は深夜酒類提供飲食店だ。
そのため深夜営業の居酒屋はほとんど深夜酒類提供飲食店ということになる。

逆にいえば、深夜0時以降はお茶漬けやラーメンやご飯ものなどの食事主体のお店であれば届け出る必要はないし、それはただの「飲食店」ということになる。

だが、実際に居酒屋であればこんなことはレアケースだろうし、ほとんどの場合はお酒メインの提供になると思う。

この「メイン」というのはあなたから見た「メイン」ではなくて最終的には警察署が判断するところだ。
いくら食事のメニューが豊富であったとしても実態としてお酒を飲んでいる人が多ければお酒メインということになる。

それでは、あなたの居酒屋が深夜酒類提供飲食店であったとして、実際に深夜酒類提供飲食店の許可が取れるだろうか?

 

深夜酒類提供飲食店が取れるかどうか?

立地上の要件

まずはあなたの居酒屋の立地が商業地域か近隣商業地域でなければならない。

これは市役所の都市計画課に聞いて確認するのが一番だが、例えば大きな駅の繁華街であったり大通りに面してあれば商業地域であることが多い。

しかし、少しでも駅から離れていたり、大通りから一本入るだけで住居地域になってしまうこともあるので気を付けよう。

構造上の要件

また、案外構造上の要件も厳しいので気を付けよう。

一番のポイントは各客室が9.5㎡以上なくてはならないというところだ。つまり、小さな個室は深夜酒類提供飲食店の許可をとれないことになる。

ここで撃沈した人も多いだろう。最近は個室居酒屋ブームなので、ほとんどの居酒屋は小さな個室を設けているが、そのほとんどは法令違反なのだ。

 

深夜酒類提供飲食店の届出を自分でやる

いかがだろうか?ここまで読んで、「こりゃいけない、早く届け出なくては」と思った人も多いと思う。

だが、事実私の事務所にもたくさんの依頼が来るが、そのほとんどは警察署に指導されて慌てて依頼をするというものだ。
これではすでに警察の心証は悪いことが多く、見回りが厳しくなることがほとんどだろう。

あなたがもし安心して居酒屋を続けたいというのであればぜひ警察署に聴いてしっかり届け出てほしい。

 

 


風営法に関するご質問はフォーラムから無料でできます


業務のご案内

風営法専門の行政書士である前場亮がお店を訪問し、その場で測量をし、最短で警察署の手続きを完了させます。
業務地域は東京都を中心に関東全域を対応しています。

特に東京都に関しては年間100件以上の手続きをすることでほぼすべての地域に経験があり、各警察署・浄化協会(公安)のクセや傾向も熟知しています。

保健所の許可+風俗営業許可1号(旧2号)で200,000円(役所の手数料込)
保健所の許可+深夜酒類提供飲食店で110,000円(役所の手数料込)
深夜酒類提供飲食店のみで74,000円(役所の手数料はなし)

でご依頼を承ります。
特に20坪未満の小規模のスナックキャバクラガールズバーに多くの実績があります。

「行政書士に連絡するのは気が引ける」
「後から聞いていない費用を請求されるかも」
「初めてで何から手を付けていいかわからない」
「偉そうにされたらいやだなあ・・・」

このような不安をお持ちのお客様に特におすすめします。
お電話をいただければすぐにお伺いし、簡単な書類を集めていただければハンコとサインさえしてくれれば残りは全部やります。

行政書士 前場亮事務所
東京都港区赤坂9‐1‐7 赤坂レジデンシャル534
tel03‐6679‐2278
(10:00~20:00)

LINEで送る