LINEで送る

ガールズバーは通常、深夜0時以降にも営業をするため、深夜酒類提供飲食店の手続きをすることが多い。

しかし、あなたもよく見かけると思うが「ガールズバーの経営者 逮捕!」というニュースの見出しにあるように、風営法関連の業務では最も摘発に近い業態であることも事実だ。

そのため「ガールズバーなんだから深夜営業許可」というノリで手続きをするのではなく、もう少し深い検討をしてそのうえでどのような手続きで営業をするのかを決めるようにしよう。

 

キャバクラとガールズバーについて、法律上の違いを知りたい方は

キャバクラとガールズバーの違い|じゃあラウンジはどうなのよ

をご覧ください。

ガールズバーの許可

どのような手続きがあるか

では、ここでガールズバーの開業手続きにはどのようなものがあるかを確認してみよう。

①保健所の許可+深夜酒類提供飲食店

②保健所の許可+風俗営業許可1号

③保健所の許可のみ

だいたいガールズバーの営業許可はこの3つのになるが、ほとんどは①か②になる。

 

③の場合は住居地域に出店してしまった場合などの特殊な例以外はあまり聞かない。

ただし厳しい意見だが、③保健所の許可だけではガールズバーに関しては手続きは何もしていないのと変わりないと考えよう。

 

また、①も②も③もしないで営業を始める人もいる。

何の手続きもしないで営業となると「摘発してください」と言っているようなものだ。

 

 

深夜酒類提供飲食店

深夜0時以降にお酒をメインに提供する飲食店は、”深夜酒類提供飲食店”という手続きをすることになる。

深夜酒類提供飲食店は、バーや一部のスナックなどのカウンターメインのお店がよくする手続きだ。

通称「ふかざけ」と呼ばれている。

 

行政法学上は”届出”という軽めの手続きだし、届出をすれば10日後には深夜営業が開始できるので風俗営業許可に比べてハードルは低いといえる。

ただし、接待行為と言ってお客の横について一緒に飲んだり、カラオケのデュエットをすることは一切できない。

 

これは違法行為を認めることになるので行政書士のサイトの記事としては不適格であることを承知の上で書くが、私はガールズバーでは大なり小なり接待行為があるものだと考えている。

そのため教科書通りに解説すると、厳密に言えば深夜酒類提供飲食店ではだめということになる。

 

ただし、中にはガールズバーであっても接待行為を絶対にしないというお店もあるだろう。

あなたが本当に「うちはガールズバーであっても接待行為は一切ない」と言えるのであれば堂々と深夜営業をしよう。

 

風俗営業許可

風俗営業許可を取得する最大のメリットは接待行為ができるようになることだ。

キャバクラのようにお客と一緒に飲んだり、カラオケのデュエットをしたり、お客の帰り際に「ありがとうー」と抱き着こうが何やったっていい。

 

ただし、営業時間に制限があって深夜0時(もしくは地域によって1時)までしかできないことが最大のデメリットだ。

繁華街によっては深夜0時以降のほうが集客できる見込みがあるだろう。

水商売のアフターの集客を見込めることもあると思うが、(深夜0時以降の集客は)あきらめるしかない。

 

さらに、申請を出してから許可まで55日間は営業できない。これも大きい。

最初からその期間分の資金を確保しておかなければならないし、カラ家賃やカラ人件費はある程度覚悟することになる。

 

ガールズバーの違反営業

では、ガールズバーの違反営業をここで検討してみよう。

①無許可営業(無許可接待)

②18歳未満の雇用

③就労できない外国人の雇用

④20歳未満に酒を飲ませてしまう

ほかにもぼったくりとか構造違反とかもあるが、煎じ詰めればほとんどはこの4つだ。

このうち①の無許可営業が8割を占め、残りの②③④は2割にも満たないだろう。

ただし社会的批判性は①よりも②③④のほうが高いので警察も初動がはやく、あっという間に摘発されることになる。

 

私の意見としては、やむを得ず①をやってしまうというのは人情として理解できる(もちろん法律違反なのでいけないことだ)。

しかし②③④は若年者や外国人などの社会的な弱者の弱みに付け込んで利益を得ようとする姿勢が嫌いだ。

 

また、18歳未満であれば特定異性接客営業にも該当する。

ここでしっかりと全体像を把握しよう。

 

 

なぜ違反営業をしてしまうのか

繁華街であれば「あそこのガールズバーに摘発が入った」という話は何か月かに一回は耳にすると思う。

多くの経営者は無許可で接待行為をすることはいけないと認識しているのに、なぜ違反営業は後を絶たないのだろうか?

私はさまざまねガールズバーの経営者を見てきたが、いろいろ話を聞くとおおよそ以下の3つに集約されるようだ。

 

①最初は接待行為をしていなかったが、売り上げが思ったよりも伸びず、サービスが徐々にエスカレートして接待行為をするようになった。

②お客が常連化すると、キャストに絡むようになって接待行為をするようになり、それを見たほかの客が不満を持つようになって接待行為が常態化してしまった。

③最初から法律を守る気なんてさらさらなく、ばれなきゃいいやという思いで接待行為をやっている。

 

ほかにも接待行為そのものを知らないということもあるだろうし、無知がゆえにやってしまうということもある。

しかしそれはレアケースでほとんどの場合は知っているのにやめられないというものだ。

 

違反営業のデメリット

私は行政書士という立場だが、けっして聖人君子ではないし、そんな身ぎれいな人生を歩んできたつもりもない。

だから「法律ではこうなっているんだから守りましょう」なんてことを言う気はない。

そんなことを言わなくても守る人は守るし、守らない人は守らないと思っている。

しかし、違反営業をするのであれば、あるいはひょっとしたらするかもしれないと思っているのであればデメリットは押さえておくべきだ。

 

ガールズバーで違反営業をするデメリットでわかりやすいのは行政指導や処分を受けた結果、罰金や営業停止のペナルティがあるということだ。

あなたが違反営業で処分を受ければ執行を終えてから5年間は風俗営業許可は取得できないし、その他の許可申請にも影響が出るだろう。

また、キャストも間抜けではないので「うちのお店は違反営業をしている」というのはうすうす感じるものだ。

そうなればお店全体の士気にも影響が出るし、サービスの低下も考えられる。

いいキャストは集まりにくくなるだろうし、逆に離職率も高くなるだろう。

酒屋やクリーニング業者などの取引先もいつ廃業するかわからないので怖くて取引しづらいだろう。

 

どうすればいいか

「なんだ、ガールズバーはこんなに危険な業態なんだ」

ここまで読んだあなたはおそらくこう思うだろう。

しかし、中には長く続いているガールズバーもあるし、健全な営業をしているガールズバーもあるのが現実だ。

 

では、違反営業して取り締まりを受けるお店と長続きするお店では何が違うのだろうか?

 

もちろん一番の方法は風俗営業許可を取得して堂々と接待行為をすることだが、それ以外にもアイデアはたくさんある。

・お店の構造をカウンターだけにして横について飲めないようにする

・カラオケを設置しない(デュエットができなくなる)

・キャストの制服の露出を控えてお客のスケベ心をおさえる

・一人のお客に長々とつくのは控える

・お客とのスキンシップは控え、帰り際は男性スタッフが見送る

これらを徹底すれば摘発の可能性はぐっと少なくなる。

こうなると普通のバーだが、女性スタッフがバーテンダーとしているというのとほぼ変わらない。

 

ここまでやっているのに警察に「女性ばかりだから接待行為だ」なんて言われることはまずないだろう。

全部を徹底することは難しいかもしれないが、リスクヘッジとして参考にしてほしい。

 

まとめ

ガールズバーは風営法関連のお店の中では比較的参入障壁も低く、そのため安易に出店を考えることも多いように感じる。

私の立場上は許認可の手続きが増えるのでうれしいのだが、あまりにも無自覚な開業者を見るとやはり不安になる。

最低限この程度の知識は持ってほしいし、キャストさんはもちろん内勤さんやボーイさんにも知ってほしい。

 

当たり前だが経営者であれば違反営業のリスクはあなたが背負うことになる。

経営者が違反営業のリスクを背負うのは当たり前だが、決して一人で背負いきれるものではない。

お店ではたらくキャストさんやボーイさん、取引先も路頭に迷うことになるのだ。

 

中には「警察には一度くらいお世話になってナンボ」なんて人もいるかもしれない。

残念だがこういう人にかける言葉はない。

社会的制裁を受ける厳しさをとことん味わうことになるだろうし、そうなって後悔しても知ったこっちゃない。

 

しかしほとんどの人は「違反営業はしているかもしれないかもしれないけど、捕まるのは嫌だ」という思いだろう。

そうであればもう一度このページを読み返し、じっくりと検討してみよう。


風営法に関するご質問はフォーラムから無料でできます


業務のご案内

風営法専門の行政書士である前場亮がお店を訪問し、その場で測量をし、最短で警察署の手続きを完了させます。
業務地域は東京都を中心に関東全域を対応しています。

特に東京都に関しては年間100件以上の手続きをすることでほぼすべての地域に経験があり、各警察署・浄化協会(公安)のクセや傾向も熟知しています。

保健所の許可+風俗営業許可1号(旧2号)で200,000円(役所の手数料込)
保健所の許可+深夜酒類提供飲食店で110,000円(役所の手数料込)
深夜酒類提供飲食店のみで74,000円(役所の手数料はなし)

でご依頼を承ります。
特に20坪未満の小規模のスナック・キャバクラ・ガールズバーに多くの実績があります。

「行政書士に連絡するのは気が引ける」
「後から聞いていない費用を請求されるかも」
「初めてで何から手を付けていいかわからない」
「偉そうにされたらいやだなあ・・・」

このような不安をお持ちのお客様に特におすすめします。
お電話をいただければすぐにお伺いし、簡単な書類を集めていただければハンコとサインさえしてくれれば残りは全部やります。

行政書士 前場亮事務所
東京都港区赤坂9‐1‐7 赤坂レジデンシャル534
tel03‐6679‐2278
(10:00~20:00)

LINEで送る