LINEで送る

original

 

千葉市のお客様から依頼をいただいて深夜酒類提供飲食店の手続きをしています。

接待行為や遊興行為に関しては必ず本部と連絡を取り、確認してから受理をするようです。受理してから拒否するのは大変ですからね・・・。

今回はお店の中で一部ライブをする形態のお店でした。ライブといっても数人でギターを使って歌う程度です。

最初にこれを接待行為ととらえられて気まずくなりましたがしっかりと説明し、接待行為には該当しないし深夜0時までの遊興行為の範囲内ですと頑張りました・・・。

「ライブがなんで接待行為なんだよ?」とはいいません・・・。対決姿勢をとってもいいことありませんから・・・。

 

結果、問題なしということで無事に受理されましたが、おそらく本人が手続きしたら門前払いをしそうな雰囲気でしたね・・・。

 

お店側からすれば法律を守りたいから手続きをするのに、それがヤブヘビになるかもしれないとなったら怖くて手続きできません。これは行政書士が手続きをしても同じです。

 

そのため、手続きする側の行政書士がある程度の知識や経験がないと受理されないどころかヤブヘビになってしまい最悪な場合、目を付けられて終わりということにもなりかねません。

もちろん警察署も最終的にはきちんと調べて結論を出すとは思いますが、都心部を離れるといまだにアカン警部がいるところもありますので要注意ですね・・・。

ただ、ライブを聞かせることは遊興行為に該当しますので深夜0時までです!朝までライブを聞かせたいのであれば6月施行の特定遊興飲食店の許可が必要です。

飲食店関係の皆様、深夜酒類提供飲食店で深夜遊興はダメですよ!


風営法に関するご質問はフォーラムから無料でできます


業務のご案内

風営法専門の行政書士である前場亮がお店を訪問し、その場で測量をし、最短で警察署の手続きを完了させます。
業務地域は東京都を中心に関東全域を対応しています。

特に東京都に関しては年間100件以上の手続きをすることでほぼすべての地域に経験があり、各警察署・浄化協会(公安)のクセや傾向も熟知しています。

保健所の許可+風俗営業許可1号(旧2号)で200,000円(役所の手数料込)
保健所の許可+深夜酒類提供飲食店で110,000円(役所の手数料込)
深夜酒類提供飲食店のみで74,000円(役所の手数料はなし)

でご依頼を承ります。
特に20坪未満の小規模のスナックキャバクラガールズバーに多くの実績があります。

「行政書士に連絡するのは気が引ける」
「後から聞いていない費用を請求されるかも」
「初めてで何から手を付けていいかわからない」
「偉そうにされたらいやだなあ・・・」

このような不安をお持ちのお客様に特におすすめします。
お電話をいただければすぐにお伺いし、簡単な書類を集めていただければハンコとサインさえしてくれれば残りは全部やります。

行政書士 前場亮事務所
東京都港区赤坂9‐1‐7 赤坂レジデンシャル534
tel03‐6679‐2278
(10:00~20:00)

LINEで送る