LINEで送る

unnamedZHJSD7N7

アミューズメントカジノやカジノバーなどの、いわゆるチップを販売してポーカーやルーレットなどの遊技機で遊んでもらう形式の飲食店が最近増えてきたように思う。

当事務所は早くからこの業態の許可を取得してきたが、いまだにいろいろと誤解されている部分が多いのでここでまとめたいと思う。アミューズメントカジノやカジノバーを開業しようという場合はぜひ参考にしてほしい。

 

 

アミューズメントカジノ・カジノバーの開業

営業許可は飲食店営業許可+風俗営業5号

よく勘違いされているが、アミューズメントカジノ・カジノバーの運営は基本的に飲食店営業許可(保健所)でまず許可を取り、その後に警察署で風俗営業5号(ゲームセンターの許可)を取得することになる。

都市伝説では「カジノバーでは飲食物を提供できない」とか「許可はとれないからほとんどが裏カジノだ」とかがあるが、すべてガセネタ。つまり、きちんとプロセスを踏んで許可をしっかりとれば飲食物も提供できるし、許可はとれる。

 

風俗営業5号許可とは?

では、この風俗営業5号許可について簡単に説明しよう。

風俗営業許可はいわゆるキャバクラやホストクラブなどの1号営業の接待飲食店や、パチンコやマージャン店などの4号営業などがあるが、その一番最後の区分が5号営業になる。

5号営業は、一般的にはゲームセンターの許可になる。「なぜカジノバーがゲームセンターの許可?」と思う人も多いと思うが、法律上射幸心といっていわゆるラッキー精神にもとずく営業は5号に統一してカテゴリーされている。

もちろんポーカーだってルーレットだってきちんとした技術があるのでラッキー精神と一言で片づけられたらたまったものではないという人もいるだろうが、とはいえ運が支配する遊興だというスタンスは否定できないだろう。

ものすごい大雑把に言えば、テレビゲームもルーレットもポーカーも質は違えど射幸心が根底にあり、射幸心は人の心を退廃させやすいから風営法で規制しましょうということになる。

 

飲食物は提供できる

これは東京都に関してだが、風営法には各自治体で条例を設けていて、その中で麻雀店とゲームセンターで飲食店営業許可をとっている店舗は飲食物を提供できることが明記されている。

canvas

いろいろ都市伝説があるということは、それだけ興味がある人がいるということだが、少なくともアミューズメントカジノに関しては根拠条例があるため堂々と許可申請しよう。

 

許可の難易度

では、実際に許可をとる難易度はどうだろうか?

結論から言えばあなた自身が取得することはほぼ不可能なくらいに難易度は高いといっていいだろう。

通常のキャバクラやホストクラブなどの許可でさえ難易度は高いのにアミューズメントカジノになると風営法に加えて賭博罪の知識もなければ警察署でいいようにされるのがオチだ。

また、風営法専門の行政書士でも積極的に5号許可が得意だといえる事務所はほとんどないだろう。それだけ前例も少ないし、考慮しないといけないポイントも多いということだ。

もちろん、風営法独特の立地の問題や構造上の問題などもあるため計画の段階から専門家に相談しよう。

 

運営のポイント

コインは販売のみ。買取はできない。

賭博が禁止されている日本ではカジノバーはあくまでも「ポーカーやルーレットができるバー」という位置づけ以上は認められない。

そのため店側からコインを販売し、そのコインでゲームを楽しんでもらうことはできても客からコインを買い取ることは換金扱いになるので賭博になる。そのため絶対にチップをお金に変えることはやめよう。

 

景品・飲食物との交換もNG

お金に変えることはNGだと書いたが、同様に景品との交換もダメだ。

また、よく質問されるがコインに応じて飲食物を提供したり、あるいはチャージを無料にしたりとかのサービスもNGだ。とにかくコインを何らかのモノ・サービスに交換するのは健全な営業とは言えない。

こんなことを書くと、「じゃあチップに応じてではなく、たくさん利用してもらったお礼にドリンクをサービスするのはどうか?」などと思う人もいるかもしれない。いろいろ抜け道を考えるのは結構だがそんな学生の合同コンパのようなノリではあっという間に警察に指導を受けることになる。いずれにせよ私はお勧めしない。

 

ディーラーの接客について

カジノバーであれば ディーラーがいてカードを切ったり、ルーレットを回したりのことをすると思うが、これに関しても注意が必要だ。

今のところ、ディーラーのただカードを切る、ただルーレットを回すというだけであれば接待扱いになっていないようだが、これはあくまでも解釈の問題で、これらの行為が接待だという解釈になれば当然取り締まりの対象になる。

日本の法律上、接待をするには(つまりお客と一緒にゲームに参加するには)風営法の1号許可をとらないといけないのだが、5号と1号は同時に取得できないので厳密にはなかなか難しい解釈になってしまう。

そのため、お客から一緒にやろうといわれてもやんわりと断ることも必要だし、もちろんお酒を一緒に飲むのもNGだ。

 

ここが重要なポイントだが、ディーラーも専門職なので技術のあるディーラーであればお客と一緒に遊んでいるとは言えないと思うが、たとえばディーラーという立場は隠れ蓑で、実際にはディーラーの技術も話術もなにもなく、ただ若い女性が飲んでおしゃべりしているだけ、というのでは接待行為ととらえられても仕方ないだろう。

 

 

まとめ イケイケではやらないほうがいい。綿密な計画を立てよう。

いかがだろうか。せんじつめればやるにはやれるけど、それなり勉強が必要だということだ。

風営法の中でも最もグレーな色彩の強い営業形態といっていい。そのため営業者や店長がそれなりに勉強しないといつの間にか違法営業をしていることにもなりかねない。

カジノバーに関しては”木を見て森を見ず”もダメだし、逆に”森を見て木を見ず”もダメだ。つまり木も森もみないといけない。

 

あなたがいま、やりたい気持ちを抑えきれずにイケイケな状態であれば、まずは信頼できる人に「おれってイケイケ?」と確認したほうがいいだろう。もちろん当事務所に頼ってもらってもいい。

自分がイケイケな時は、なかなか自分では気づかないものだ。少しでも疑わしい場合は一度頭を冷やしてもう一度この記事を読み直そう。


風営法に関するご質問はフォーラムから無料でできます


業務のご案内

風営法専門の行政書士である前場亮がお店を訪問し、その場で測量をし、最短で警察署の手続きを完了させます。
業務地域は東京都を中心に関東全域を対応しています。

特に東京都に関しては年間100件以上の手続きをすることでほぼすべての地域に経験があり、各警察署・浄化協会(公安)のクセや傾向も熟知しています。

保健所の許可+風俗営業許可1号(旧2号)で200,000円(役所の手数料込)
保健所の許可+深夜酒類提供飲食店で110,000円(役所の手数料込)
深夜酒類提供飲食店のみで74,000円(役所の手数料はなし)

でご依頼を承ります。
特に20坪未満の小規模のスナック・キャバクラ・ガールズバーに多くの実績があります。

「行政書士に連絡するのは気が引ける」
「後から聞いていない費用を請求されるかも」
「初めてで何から手を付けていいかわからない」
「偉そうにされたらいやだなあ・・・」

このような不安をお持ちのお客様に特におすすめします。
お電話をいただければすぐにお伺いし、簡単な書類を集めていただければハンコとサインさえしてくれれば残りは全部やります。

行政書士 前場亮事務所
東京都港区赤坂9‐1‐7 赤坂レジデンシャル534
tel03‐6679‐2278
(10:00~20:00)

LINEで送る