風俗営業許可・深夜酒類提供飲食店営業専門の行政書士事務所です。

赤坂の風俗営業許可・深夜酒類営業許可は行政書士 前場亮事務所へ!

ウェブアートディレクター

行政書士 前場亮事務所は、赤坂のキャバクラ・ホストクラブ・スナックなどの風俗営業許可1号を専門として、多くのメディアで取り上げられる風営法専門の行政書士事務所として、東京都全域で最高の実績を誇っています。

 

許可は、”いつか取れればそれでいい”わけではありません。一日でも早く、確実に、さらに費用を抑えて最高の行政手続きの代行サービスを提供することで多くの依頼人・警察署から信頼を得ています。

また、当サイトはさまざまな風営法の情報を発信していて、おそらくあなたも一度は見たことがあり、知識を得たことがあるのではないでしょうか?

 

料金のご説明

業界最高の実績と低価格で許可を取得

年間300件以上の相談と依頼をうける当事務所は、すでにほとんどすべての事例に対応できる経験を持っています。

あなたが今抱えている悩みは、当事務所に相談することで解決し、さらに前進させることができると確信しています。

・すでに営業を始めてしまったが、まだ許可をとっていなかった

・現在頼んでいる行政書士を変更したい

・警察の立ち入りがあり、一日でも早く申請しなければならない

・会社を設立して一日でも早く許可がほしい

・何から手を付けていいかわからない

あなたが抱える悩みを正直にご相談ください。最善のご提案と結果をお約束します。

canvas

canvasウェブアートディレクター

canvas

まずはゴールまでの戦略を立てましょう

ご依頼いただくと、すぐに行政書士が店舗にお伺いし、まずはゴールまでの道のりとポイント、注意点をすべてご説明します。

そのうえで、最短で許可にするべく、具体的に何をすればいいのかをご提案させていただきます。

 

どこよりも素早い対応と申請プロセス

具体的な提案をさせていただければ、あとは当事務所がすぐに立地調査・測量・図面作成を同時に進行し、早ければ翌日には申請をします。

お客様がしていただくことは簡単な書類をそろえていただくことと、当事務所を信頼してお待ちいただくだけです。

ウェブアートディレクター

業界最安値×最高の実績と経験

今までの風俗営業許可申請は、通常の行政書士事務所だと役所の手数料を合わせて25万円はかかっていましたが、当事務所は、このサービス料は高すぎると考えています。

そのため、20坪までで保健所(18000円)と警察署(24000円)の手数料を合わせて20万円でやらせていただいております。

もちろん、クオリティは折り紙付き。最高の実績と経験を低価格でご提案いたします。

 

どのような店舗をお考えですか?

あなたが出店しようとしているお店はどのような店舗ですか?

一般的なイメージのしやすいキャバクラやホストクラブからテーマを設けたサービスを売りにした営業、なかなか既存ではなかった営業もあるかもしれません。

接客内容によっては風俗営業許可1号はいらないかもしれません。そのあたりのご相談にも柔軟に対応します。

ウェブアートディレクター

 

ご依頼はお電話・またはメールで。年中無休で承ります

飲食店経営が休むことなく営業しているのに、わたくしたちが休みをとるようなことはできません。ご依頼・ご相談は年中無休で承ります。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号

区分
 許可申請のご依頼 質問・相談 そのほか

業務内容

 バー ガールズバー スナック キャバクラ ホストクラブ アミューズメントカジノ その他の業務

お店の住所(ご依頼の場合)

そのほかご相談

風俗営業許可 1号営業(20坪まで)保健所を含む 200,000円(役所の手数料込)
深夜酒類提供飲食店営業(20坪まで) 74,000円(警察署のみ)
深夜酒類提供飲食店営業(20坪まで)保健所を含む 110,000円(役所の手数料込)
20坪以上の場合 1坪3000円(応相談)
アミューズメントカジノ・カジノバー 240,000円~
株式会社設立 48000円~(役所の手数料別)
飲食店営業許可のみ 35000円~
各種変更届 28000円~
ご相談 無料
バー・居酒屋開業の創業融資・公的資金調達 獲得金額の4%

風俗営業許可申請・届け出は、行政書士前場亮事務所へ。お待ちしております。

 

電話申し込み

歌舞伎町の深夜営業|深夜酒類提供飲食店のポイントとは?

新宿区歌舞伎町でガールズバーなどの深夜営業のお店(深夜酒類提供飲食店)を開業するときの手続きを詳しく説明しています。

パチンコと風営法|なぜ賭博に該当しない?法的根拠を解説

風営法の最大関心事である”パチンコが賭博に該当しない法的理論”をできる限りわかりやすく、詳しく解説しています。

ビラ配りの道路使用許可|公道の場合は必ず必要な手続きガイド

一般的な飲食店にせよキャバクラやガールズバーなどのナイトビジネス、あるいはもっと広く一般のアパレルショップや美 …

スポーツバーの許可|風営法の問題点とポイントを完全解説!

風営法は2016年に一部改正され、特定遊興飲食店というカテゴリーが追加になった。 特定遊興飲食店はもっぱら(ダ …

風俗営業許可のお店の名称の変更のポイントと注意点

キャバクラやスナック、ガールズバーなどのお店の名前・名称が変わった場合のポイントと手続きを説明します。

渋谷消防署に防火対象物使用開始届け|ファイアー通りとは?

渋谷消防署に防火対象物使用開始届けの手続きに来ました。 飲食店を開業するにあたって、保健所の許可と警察署の手続 …

キャバクラとガールズバーの違い|じゃあラウンジはどうなのよ

キャバクラとガールズバーは似たような営業ですが、法律上は接待行為ができるお店かできないお店かの二つしかありません。ここでしっかりと違いを検討しましょう。

ガールズバーの許可「ノリで手続きやっちゃえ」は危険な理由

ガールズバーの許可は、深夜酒類提供飲食店の場合と風俗営業許可の場合と二つに分かれます。どちらの許可がいいかは営業の実態を検討して決めましょう。

風俗営業許可や深夜酒類提供飲食店の営業者が離婚した場合

キャバクラやスナックなどの風俗営業許可、カラオケバーやガールズバーなどの新酒類提供飲食店の名義人が離婚をした場 …

相席居酒屋の開業・許可|必ずおさえるべきポイントとは?

  最近は相席居酒屋が好評の様で、当事務所にも相談の件数が昨年に比べて大変多くなったように思う。 相 …

Page 1 / 1512»

開業後の販促にお役立てください

開業後の販促にお役立てください

サイト内検索

風営法のご質問はフォーラムへ

  • 現在三重県津市でエス... »
  • 前場様 早速のご回答... »
  • 出張型女性専用マッサ... »
  • 長文失礼します。 カ... »
  • ご回答ありがとうござ... »
風営法専門の行政書士とは?
当事務所は、風営法専門の行政書士事務所として、東京都を中心に関東全域を業務地域とし、各種バーや居酒屋、キャバクラやホストクラブ、マージャン店などの許可を最速・確実に取得します。

・これから開業するので早く許可がほしい

 

・すでに営業しているが許可をとっていない

 

・警察の立ち入りがあり、緊急に申請しないといけない


等の場合には是非ご相談ください。

当事務所代表 前場亮 ごあいさつ

行政書士 前場亮事務所
107-0052
東京都港区赤坂9‐1‐7赤坂レジデンシャル534
電話番号03-6679-2278
風営法関連の業務に関する
ご質問・ご相談はお気軽に!

最近読まれている記事

Sorry. No data so far.

最近の投稿

PAGETOP