LINEで送る

いや~今日はどえらい忙しかったなあ・・・

 

DCIM0108

↑まずはあさイチで立川保健所。23区は各区に保健所がありますがここは多摩保健所の管轄です。

 

DCIM0109

↑次は九段下の東京法務局本局。風営法や古物商では登記されていないことの証明書というものが必要になります。今日は3部取得。建物登記簿、法人登記簿も併せて取得。

 

DCIM0110

次は秋葉原駅。深夜酒類提供飲食店の手続き。この段階で12時をちょっと回ったところ・・・

 

DCIM0111

↑次は蒲田。1号社交飲食店の保全対象施設の調査。問題なし!

 

DCIM0112

↑保全対象施設を調査するときにうれしいのは、くまなく調査するのでおいしそうな飲食店を見つけてそこで食事することです。今日は海鮮丼ぶり。空腹でばてそうだったのですが、元気出た~!

 

そのあと銀座で古物商の打ち合わせ。数は少ないですが古物商、ビザなども依頼があります。

 

行政書士は、昼間は行政庁を回って、夜は書類作り、が一般的です。

 

ゴールデンウイークは一日ずれるだけで許可日が何日も遅れてしまいます。そのため絶対間違えのない書類を作って、万全の準備をします。

 

無事完了。いや~、それにしてもタフだった。。。


風営法に関するご質問はフォーラムから無料でできます


業務のご案内

風営法専門の行政書士である前場亮がお店を訪問し、その場で測量をし、最短で警察署の手続きを完了させます。
業務地域は東京都を中心に関東全域を対応しています。

特に東京都に関しては年間100件以上の手続きをすることでほぼすべての地域に経験があり、各警察署・浄化協会(公安)のクセや傾向も熟知しています。

保健所の許可+風俗営業許可1号(旧2号)で200,000円(役所の手数料込)
保健所の許可+深夜酒類提供飲食店で110,000円(役所の手数料込)
深夜酒類提供飲食店のみで74,000円(役所の手数料はなし)

でご依頼を承ります。
特に20坪未満の小規模のスナックキャバクラガールズバーに多くの実績があります。

「行政書士に連絡するのは気が引ける」
「後から聞いていない費用を請求されるかも」
「初めてで何から手を付けていいかわからない」
「偉そうにされたらいやだなあ・・・」

このような不安をお持ちのお客様に特におすすめします。
お電話をいただければすぐにお伺いし、簡単な書類を集めていただければハンコとサインさえしてくれれば残りは全部やります。

行政書士 前場亮事務所
東京都港区赤坂9‐1‐7 赤坂レジデンシャル534
tel03‐6679‐2278
(10:00~20:00)

LINEで送る