風営法と行政書士

占いバーは風俗営業か深夜酒類提供飲食店か?

占いバーに必要な許可

あなたはおそらく、あなたのお店が占いバーで、どのような許可が必要なのだろうかと調べているのかもしれない。または知り合いのお店はどのような許可で営業しているのかを確認したいのかもしれない。

占いバーは一般的には深夜酒類提供飲食店で営業しているところが多いが、厳密にいえば判断が難しいことが多い。今回はそこにフォーカスしてみよう。

 

風俗営業か深夜酒類提供飲食店か?

たとえばあなたのお店がカウンターメインで、メインはバーで、占いはあくまでもお酒のつまみ程度のパフォーマンスだとしたら、深夜酒類提供飲食店でもいいだろう。ただ、それでも本来は一般的な飲食店の接客以上のサービスをするので接待行為ととらえられることもあるかもしれない。

一方、例えば占いがメインでしっかりとお客と一緒に座ってじっくり話を聞いて、ということになると、これは完全な接待行為だ。そのため風俗営業2号許可が必要になる。

接待行為に関しては

接待行為とは?|ガールズバー、スナックのキャストさん・店長さん必見マニュアル!

をしっかり読み込んでほしい。

どこが問題か?

ここで問題になるのは、なぜわざわざ飲食店で占いをするのかということだ。

簡単な占いであれば話のタネにもなるし、集客のポイントになることもあるだろう。実際に盛り場のバーで店主が占いをしているところも多い。

しかし、占いがメインなのに飲食店の許可を取ると、お酒の力が絡んでしまい、お客に正当な判断などは期待できないだろう。占いは高額にのぼることも多いので占いメインで飲食店をということになると簡単には警察署はOKしないだろう。

 

風俗営業の抜け道になる可能性がある

たとえば「バーJK占い館」とあったとしよう。女子高生の格好をした店員がお客と酒を飲みながら一緒に占いをする。これを風俗営業以外のなんだと主張できるだろうか?

占いバーを一律に深夜酒類提供飲食店でいいとなっていまうと、こういった法の抜け道を考える人が必ず現れる。もちろんこれを営業努力ととらえるかどうかになるが、私には風営法を都合いいように解釈しているようにしか感じない。

 

まとめ バーの接客の形態で判断しよう

いかがだろうか?占いといってもいろいろなものがあるが、基本的には一般的な飲食店の接客を超えているサービスなので、その判断は難しいことが多い。

しっかりとお客と話し込んで占いをしたいというのであれば、どれだけ占いに男女の性の部分がなくても風俗営業2号許可がいいだろう。

もちろん、占いはあくまでも話のネタで、女性店員との話がメインだとすればなおさらだろう。

判断が難しい場合は、遠慮なく当事務所を頼ってほしい。もちろん相談は無料だ。


風営法に関するご質問はフォーラムから無料でできます


いいね!をお願いします!

深夜営業・風俗営業許可のご依頼は
行政書士 前場亮事務所へ。
03‐6679‐2278
(10:00~20:00)
もしくはメールから24時間
関東全域対応。
すぐにお店を訪問します。
深夜営業 68000円~(税抜き)
風俗営業許可 140000円~(税抜き)
バー・スナック・キャバクラ
ガールズバー・メイドカフェ・
アミューズメントカジノ
麻雀店・居酒屋
などのあらゆる業務に対応します。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号

ご依頼・ご相談

LINEで送る