LINEで送る

unnamed65WCGXH9

 

風営法の仕事をやっていると、依頼人は

①開業前で許可をとる

②開業後にとる

の二つのパターンがあります。

その②のなかでも、警察の立ち入りがあった場合は依頼人は緊急性を感じていますし、実際に無許可・無届を指摘されていれば一日でも早い手続きが必要です。

その場合はスケジュールに無茶があっても、どれだけ夜遅くても当日中に訪問し、測量し、はやければ翌日には手続きする、ということもざらにあります。

 

これは依頼人のストレスを考えれば当然のことで、早く法律的に安定させて(つまり適正な手続きをして)あんしんして営業したいという気持ちがわかるこそ「今仕事が詰まってましてー・・・3日後の正午はいかがですか?」なんてことは絶対に言えません。

 

今回も神奈川県某所で緊急性のある依頼がありました。当日中に伺い、測量し、すでに図面も完成し、警察に手続きをする準備に入りました。

 

ナイトビジネスに携わる人の中にも警察に立ち入られて、途方に暮れている人はたくさんいると思います。その時は安易に自分だけで判断せずに専門家を頼ったください。

 

費用の問題とかいろいろあると思いますが、ベストな回答が出せると思います。

 


風営法に関するご質問はフォーラムから無料でできます


業務のご案内

風営法専門の行政書士である前場亮がお店を訪問し、その場で測量をし、最短で警察署の手続きを完了させます。
業務地域は東京都を中心に関東全域を対応しています。

特に東京都に関しては年間100件以上の手続きをすることでほぼすべての地域に経験があり、各警察署・浄化協会(公安)のクセや傾向も熟知しています。

保健所の許可+風俗営業許可1号(旧2号)で200,000円(役所の手数料込)
保健所の許可+深夜酒類提供飲食店で110,000円(役所の手数料込)
深夜酒類提供飲食店のみで74,000円(役所の手数料はなし)

でご依頼を承ります。
特に20坪未満の小規模のスナックキャバクラガールズバーに多くの実績があります。

「行政書士に連絡するのは気が引ける」
「後から聞いていない費用を請求されるかも」
「初めてで何から手を付けていいかわからない」
「偉そうにされたらいやだなあ・・・」

このような不安をお持ちのお客様に特におすすめします。
お電話をいただければすぐにお伺いし、簡単な書類を集めていただければハンコとサインさえしてくれれば残りは全部やります。

行政書士 前場亮事務所
東京都港区赤坂9‐1‐7 赤坂レジデンシャル534
tel03‐6679‐2278
(10:00~20:00)

LINEで送る