LINEで送る

unnamed

おそらくあなたは、これからナイトビジネスを手掛けようと考えているか、あるいはすでに開業しているが、手続きがはたして妥当なのか調べているのかもしれない。

ガールズバーキャバクラなどの、いわゆるナイトビジネスは風営法と言って警察が管理するわかりにくい法律によって規制されている。

この風営法というものが厄介で、私たち行政書士などの法律家でも全体像を把握するまでに相当勉強して経験を積まないといけないし、難しいからできれば避けていきたいと考えている法律家も多い。

ここでは、あなたがここで悩んでいる”キャバクラの許可”をお店側の視点に立って完全に説明したいと思う。

特に、ガールズバーとキャバクラの手続きについて違いが把握できていない場合は必ず最後まで読んでほしい。

これを理解することによって、風俗営業許可のメリットとデメリットが理解できるばかりでなく、運営した後も安心して営業に専念できることになる。

ぜひ最後まで読破してほしい。

 

風営法の許可・届け出

キャバクラの許可ー風俗営業許可1号営業

キャバクラやホストクラブの許可は”風俗営業許可1号”と言って、業界では”1号”と呼ばれるものだ。

この許可を取得するメリットは、なんといってもキャストが横につこうがカラオケをデュエットしようが多少のスキンシップがあろうがすべて法律の範囲内であるということだ。

キャバクラであなたが想像することといえば、きれいに着飾ったキャストが男性客とグラスを傾けて懇意にしゃべることとか、カラオケでキャストと客がデュエットすることだと思う。

これらはすべて”接待行為”と言って、1号許可を取らなければできない行為なのだ。

 

風俗営業許可取得のメリット

カラオケのデュエットやよこにつく接客ーこれらの行為は”接待行為”と言って、お店側がお客に接待をする場合のキーワードだが、これができるようになるというのが1号営業を取得する最大のメリットだ。

では、具体的に接待行為とはどのようなものかを簡単にあげてみよう。

・お客とカラオケのデュエットをする

・お客がカラオケを歌い終わった後に「うまいうまい!」と誉めはやす

・帰り際にお客に抱き着き、「今日はありがとう!」と喜びを表現する

・キャストのバースデーにお客とシャンパンタワーをする

・露出の高いドレスを着て、特定のお客と親密に話し込む

・お客と一緒の席について、一緒に飲む

これらは接待行為と言って、許可を取らなければやってはならない行為になる。逆に言えば許可さえ取ればいくらでもできるということだ。

 

ここで「えっ?」と思う人は多いかもしれない。

ガールズバーやスナックでは風俗営業許可を取得しないでこんなことをやることは日常茶飯事だからだろう。

もちろんこのあたりの判断はあいまいなのであなた一人の判断ではなかなか難しいかもしれない。

しかし、人間とは自分が可愛い生き物だ。自分のお店のことは甘めに見てしまうことがほとんどだし、あなたのお店のことはあなたが一番わかっているはずだ。

厳しい意見だが、あなたがナイトビジネスで本気でガッツリと接客をするタイプのお店を運営したいと考えているのであれば、1号許可は必ず取らなければいけないということだ。

 

 

1号営業許可のデメリットは?

営業 時間の制限

では、”1号許可を取ればなんでもできるようになってハッピー”なのかといえば、実はそうでもないのがつらいところだ。

ここで1号許可取得のデメリットも押さえておこう。

まず、最大のデメリットは営業時間に制限があるということだ。

これは場所によっても違うが深夜0時、もしくは深夜1時以降は営業をすることはできない。

風営法 営業時間

 

お店のスタッフであれば「客が帰ってくれない」とか「スタッフが飲んでいた」とかの言い訳を考えている人もいるかもしれない。

しかし、そんな言い訳は警察も私も聞き飽きている。もちろん私も同様だ。

そんな学生コンパのノリでいたらあっという間に警察に取り締まりを受けるのがオチだ。

しっかり0時または1時には閉店しよう。

 

許可取得までに2か月かかる

もう一つのデメリットが、警察に申請してから許可までに2か月はかかってしまうことだ。

通常、この2か月の間は営業ができないので家賃はまるまる無駄だし、すでにスタッフを抱えている場合は最低限の人件費もかかってしまう。

売り上げがない状態で支出ばかりが増えるので最初から計算しておかないと気分的に相当きつくなるだろう。

慣れている経営者だとこのことをしっかりと理解していて、営業ができない2か月間はフリーレントと言って家賃が発生しないように契約を結ぶ人もいるが、不慣れな場合だと不動産のいいようにやられるのがほとんどだろう。

 

本当はキャバクラのようなしっかりとした接客をしたいが、この2か月間を待てないためにこっそりと営業し、警察にバレて指導を受けてしまったという話はしょっちゅう聞く。

あなたがやりたいタイプのお店はどのような接客なのかをしっかりと考え、もし接待をするのであれば絶対に2か月は営業を自粛する覚悟を持とう。

canvas

 

長く続けている経営者は必ず風営法を勉強している

いかがだろうか。あなたがキャバクラやホストクラブを営業しようと思ったらまずは風俗営業許可を取らなければいけないのだが、そのメリットとデメリットを押さえられたと思う。

この仕事をやっていてつくづく思うのだが、風営法をなめている人は必ず警察に取り締まりを受けて、営業停止になったり、あるいは許可のとり直しをしたり、最悪な場合逮捕されてしまうこともあるのが現実だ。

逆に言えば、5年10年と長くナイトビジネスで活躍する人は、風営法に関して勉強し、大きく外さないようにしっかりとそのポイントを押さえている。風営法に臆病な人のほうが圧倒的に長く続いているのだ。

ナイトビジネスは、お客へは現代社会のストレスを和らげ、明日への活力をチャージし、さらに高収益ビジネスなので経営者やキャストへも還元できるという魅力的なビジネスモデルだ。

あなたも真剣にこの業界で活躍を願うのであれば、ぜひこのページのポイントを押さえてほしい。


風営法に関するご質問はフォーラムから無料でできます


業務のご案内

風営法専門の行政書士である前場亮がお店を訪問し、その場で測量をし、最短で警察署の手続きを完了させます。
業務地域は東京都を中心に関東全域を対応しています。

特に東京都に関しては年間100件以上の手続きをすることでほぼすべての地域に経験があり、各警察署・浄化協会(公安)のクセや傾向も熟知しています。

保健所の許可+風俗営業許可1号(旧2号)で200,000円(役所の手数料込)
保健所の許可+深夜酒類提供飲食店で110,000円(役所の手数料込)
深夜酒類提供飲食店のみで74,000円(役所の手数料はなし)

でご依頼を承ります。
特に20坪未満の小規模のスナック・キャバクラ・ガールズバーに多くの実績があります。

「行政書士に連絡するのは気が引ける」
「後から聞いていない費用を請求されるかも」
「初めてで何から手を付けていいかわからない」
「偉そうにされたらいやだなあ・・・」

このような不安をお持ちのお客様に特におすすめします。
お電話をいただければすぐにお伺いし、簡単な書類を集めていただければハンコとサインさえしてくれれば残りは全部やります。

行政書士 前場亮事務所
東京都港区赤坂9‐1‐7 赤坂レジデンシャル534
tel03‐6679‐2278
(10:00~20:00)

LINEで送る