LINEで送る

unnamed

 

おそらくあなたは指圧やマッサージなどのエステサロンの開業を考えているか、あるいはいつかはこれらの業務での開業を考えているかなのだろう。

エステは、たとえば指圧マッサージや足裏マッサージなどのリフレもあれば、痩身や脱毛、ネイルなど美容全般のサービスなどを含んだ業態で、どこからどこまでがエステなのかははっきりしていない。

 

このサイトは風営法の専門サイトで、私は風営法専門の行政書士としてそれこそ年がら年中様々な質問を受けるが、中にはリフレ店などのエステサロンに風営法の許可が必要なのではないかとの質問を受けることもある。

結論から言えば風営法の許可は必要ないのだが、男性のスケベ心を利用したJKリフレやコスプレリフレ店などはその運営上も何らかの許可が必要なのではないかと心配になるのだろう。

エステサロンの開業・許可のポイント

論点は医療行為かどうか

まずは、エステサロンを単純なマッサージに限定して、いわゆる男女間のスケベ心を無視してその論点を整理すると、せんじつめれば医療行為かどうかということに収れんされてくる。

医療行為は、医師やその周辺資格の保有者が、人の傷病の治療やその予防のための診断などの行為だが、肩をもむことによって何らかの傷病が治るのであれば大きく見れば肩もみも医療行為になってしまうし、足裏マッサージもその可能性もあるだろう。

 

今のところはグレーゾーン

では、実際のエステサロンのマッサージはどうなのだろうか?

医療側から見れば「それを繰り返せば傷病の予防になるから医療行為だ」と言いたくもなるだろうが、利用者のほとんどは傷病予防として利用するのではなくてリラックスや単純に気持ちいいから利用するのであって、だから「これは医療行為ではない」というのがリフレ店側の言い分なのだ。そして、この二つの論点が衝突するので現在ではグレーゾーンだとの見方が大きいだろう。

JKリフレやコスプレリフレ

エステサロンの中でもリフレはイフレクソロジー(癒しやリラックス)を意味していて、さらにあいまいな存在だ。あいまいだからどんどんその業態の幅は広がって生きている。

日本のスケベビジネスに携わる人の想像力はすさまじく、「じゃあ、女性が肩もみしたり、耳かきしたりするときに過激なコスチュームを着せたり、施術の最中に体が密着するからそこにフォーカスしたビジネスをやろう」という発想をする人があらわれるのも自然な流れだろう。

女子高生の格好をさせたり、ランジェリー姿で風俗店まがいのマッサージを考案したところ、みるみるうちに拡大していったのがこれらの業態だ。

 

実際の線引きは難しい

では、これらの業態が「なんとなくいやらしいイメージだから違法だろう」となるかといえばそうではない。実際にはその線引きは難しいといえるだろう。

日本には憲法上、職業選択の自由などの幸福追求権があるため、法律の範囲内であればどのような職業を考案しても自由だし、もちろん本人が望めばどのような格好をしても他人が強制的に「そんなのはアカン」と服を取り換えさせることもできない。逆に服を取り換えさせるほうの違法性のほうがよほど強いといえるだろう。

さらに、たとえば美容室などでも女性店員がミニスカートや露出の高い服を着ていることもあるし、多少の接触はあるが、にもかかわらずリフレ店ばかりをやり玉に挙げると「なんで美容室は大丈夫でリフレ店だけがダメなんだ」ということにもなりかねない。

 

 

違法性

では、JKリフレやコスプレ店は一切違法性はないのかといえばそうではない。18歳未満を雇ってしまうと児童福祉法や労働基準法違反だし、場合によっては風営法違反も視野に入ってくるだろう。

重大犯罪や社会問題になるようなことになればあっという間に規制が入るものなので、悪乗りする業者が増えれば許可制や届け出制になることもあるかもしれない。

 

スケベ心とエステビジネス

では、スケベ心をビジネスに利用するのがそんなにいけないのかというと、そうではないというのが一般論だろう。少なくとも私はスケベ心はビジネスの重要なファクターだととらえている。

これは私の個人的な考えなので、一つの意見としてとらえてほしいが、第三次産業(サービス業)は、飲食もファッションも芸能も多かれ少なかれ男女のスケベ心を意識しなければ成り立たなくなってしまう。これは男性⇒女性も女性⇒男性も同様だ。

理性でこれらのことに目を背けて性善説を唱えたい気持ちもわかるが、その人たちも現実はある程度理解できていると思う。

 

女性にとっては耳が痛い話かもしれないが、男は100人いたら120人スケベなのでひょんなところでパンチラがあればラッキーと思うものだし、同じマッサージなのだとしたら、どこかにスケベ心を期待してしまうものだ。私はこれを利用しようという経営者を否定はしないし、要するにさじ加減の問題だと思っている。

 

私はパンチラが見えるエステ店と見えないエステ店で、技術も同じ、値段も同じ、場所も内装も同じでパンチラの見えないエステ店をえらぶ男は馬鹿だと思う。馬鹿は言い過ぎとしても、少なくとも一緒に飲んでも面白くない男だと思う。

法律家としては男女の問題は当然に一つの理性的な理論があるが、実務家としては現実を無視して机上の空論を振りかざすわけにはいかないのだ。

 

飲食店営業許可について

エステサロンを開業しようという人から「サービスでドリンクを出すのですが、飲食店営業許可は必要ですか?」という相談を受けることがあるが、結論からいえばサービスの範囲内であれば飲食店営業許可は不要だ。

サービスの範囲内とは、家庭用のコーヒーマシーンで落としたコーヒーやオレンジジュースをパックからグラスに注いだリというレベルだ。

 

しかし、こんなことはないと思うが、サービスで提供するものがたとえば生ガキだったり、焼き肉だったりで食中毒が発生する恐れがあったり、サービスが豪華すぎて明らかにそれを目当てに客が訪れているような場合は飲食店営業許可が必要だろう。

 

飲食店営業許可をとるとなると、2層シンクや手洗い、温度計付き冷蔵庫が必要だったり、給湯設備がないとだめとかの様々な要件を満たさなければならない。案外ハードルは高いと考えよう。

 

具体的に言えば、フレッシュフルーツのジュースをその場で作ったり、手作りケーキとかになってくるともはやサービスの範囲を超えていると思うし、調理をするので食中毒の可能性も否定できないので飲食店営業許可は必要だと思う。

 

エステサロン開業のリスク

このように、今のところマッサージを主軸としたエステサロンの開業に許可は必要がないので参入障壁は低く、やり方によっては高収益を得られるので面白みもあるビジネスといえるだろう。

しかし、医療行為との衝突やスケベ心を利用したエステサロンの問題もあるので、何らかのきっかけで許認可などの手続きが課される可能性もなくはないだろう。

仮にスケベ心を利用したとしても、施術者がそれなりにマッサージなどの訓練をして、会話のスキルや接客技術などの営業努力をしているのであればいいが、マッサージもロクにできないでただしゃべって最後にパンチラ見せてはい終わり、のようなビジネスであれば、参入障壁以前の問題で、許可とかそういう問題が露呈する前に廃業一直線だろう。


風営法に関するご質問はフォーラムから無料でできます


業務のご案内

風営法専門の行政書士である前場亮がお店を訪問し、その場で測量をし、最短で警察署の手続きを完了させます。
業務地域は東京都を中心に関東全域を対応しています。

特に東京都に関しては年間100件以上の手続きをすることでほぼすべての地域に経験があり、各警察署・浄化協会(公安)のクセや傾向も熟知しています。

保健所の許可+風俗営業許可1号(旧2号)で200,000円(役所の手数料込)
保健所の許可+深夜酒類提供飲食店で110,000円(役所の手数料込)
深夜酒類提供飲食店のみで74,000円(役所の手数料はなし)

でご依頼を承ります。
特に20坪未満の小規模のスナックキャバクラガールズバーに多くの実績があります。

「行政書士に連絡するのは気が引ける」
「後から聞いていない費用を請求されるかも」
「初めてで何から手を付けていいかわからない」
「偉そうにされたらいやだなあ・・・」

このような不安をお持ちのお客様に特におすすめします。
お電話をいただければすぐにお伺いし、簡単な書類を集めていただければハンコとサインさえしてくれれば残りは全部やります。

行政書士 前場亮事務所
東京都港区赤坂9‐1‐7 赤坂レジデンシャル534
tel03‐6679‐2278
(10:00~20:00)

LINEで送る