LINEで送る

読者様からの質問

 

キャバクラ店、警察への許可申請期間中におけるスナック形態での営業の注意点についての相談です。

友人が許可申請期間中の状態のお店でカウンター業務に就いています。 違法行為で摘発・検挙されないために注意すべき点をご教授頂ければ幸いです。 宜しくお願い致します。

 

回答:リスクのない違法行為はない。そのうえでご自身で判断するんだ。

風俗営業許可は申請から許可までに55日かかる。

東京都の場合は40~50日で許可になることが多いが、それでも保健所の許可申請から数えると2か月強はかかることになる。

そして、その期間中は営業はできないことになっている。これに関しては徹底されていて、申請期間中の営業は見つかると無許可営業になるので当然処罰対象になってしまう。

当然なことだが、処罰されれば欠格事由に該当するので当然不許可ということになるだろう。

 

お前の友人はカウンター業務についている、ということなのでおそらく接待行為に該当しないという判断なのかもしれないが、接待行為に該当するかどうかを判断するのは本人ではなく警察だ。

 

 

さらに、接待行為に該当しなければ営業していいかというと、そうではないというのが警察署のスタンスだ。

つまり、どのような形態で営業をしていても、申請中は、許可になるまでは一切営業できないというのが一般的な回答になるだろう。

 

摘発・検挙されたくない(リスクを避けたい)というのであれば、営業しないというのが唯一の方法になる。そして俺のおすすめも、許可までは営業しない、だ。

 

俺のスタンスは、このサイトをよく理解し、お前たち自身で風営法を勉強してほしいと思っている。そして、最終的な判断はお前と、お前の友人がするしかない。

お前なりの方法を考えたり、リスクを承知のうえで営業をしたいというのであればその自由を奪う権利は俺にはないし、リスクを避けたいというのであれば許可までは営業をしない、ということになる。

俺が何を言いたいかわかるな?下手な抜け道を考えずに、友人には許可になるまでは営業させるなよ。

 


風営法に関するご質問はフォーラムから無料でできます


業務のご案内

風営法専門の行政書士である前場亮がお店を訪問し、その場で測量をし、最短で警察署の手続きを完了させます。
業務地域は東京都を中心に関東全域を対応しています。

特に東京都に関しては年間100件以上の手続きをすることでほぼすべての地域に経験があり、各警察署・浄化協会(公安)のクセや傾向も熟知しています。

保健所の許可+風俗営業許可1号(旧2号)で200,000円(役所の手数料込)
保健所の許可+深夜酒類提供飲食店で110,000円(役所の手数料込)
深夜酒類提供飲食店のみで74,000円(役所の手数料はなし)

でご依頼を承ります。
特に20坪未満の小規模のスナック・キャバクラ・ガールズバーに多くの実績があります。

「行政書士に連絡するのは気が引ける」
「後から聞いていない費用を請求されるかも」
「初めてで何から手を付けていいかわからない」
「偉そうにされたらいやだなあ・・・」

このような不安をお持ちのお客様に特におすすめします。
お電話をいただければすぐにお伺いし、簡単な書類を集めていただければハンコとサインさえしてくれれば残りは全部やります。

行政書士 前場亮事務所
東京都港区赤坂9‐1‐7 赤坂レジデンシャル534
tel03‐6679‐2278
(10:00~20:00)

LINEで送る